GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Interstage関連製品のSOAPにおける証明書期限切れによるSSL機能の障害 (2005年7月1日)


 本情報は、該当製品におけるセキュリティ上の問題について、広報日までに、コンピュータ緊急対応センター「CERT/CC」に報告されたものもしくは、弊社独自の調査により検出されたものに基づき、情報を提供するものです。
 また、該当製品には他社が開発した製品が含まれている場合もあり、その製品については、他社から提供された情報をそのまま掲載している場合があります。
 本ドキュメントに関して、弊社は、本情報の正確性、完全性あるいは特定目的への適合性について何ら保証するものではなく、本情報に従い対応を行った(あるいは行わなかった)ことによりお客様に生じた損害について一切の責任を負いかねます。
 お客様には、常に最新の情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

 本セキュリティ広報を再配布する際には、全文を転載すること。


[概要]

問題点: Interstage関連製品のSOAPにおける証明書期限切れによるSSL機能の障害
製品提供元: 富士通株式会社
該当製品:
対象OS 製品名
Windows INTERSTAGE Application Server Enterprise Edition V4.0L10, V4.0L20
INTERSTAGE Application Server Standard Edition V4.0L10, V4.0L20
Interstage Application Server Enterprise Edition V5.0L10, V5.0L10A, V5.0L10B
Interstage Application Server Standard Edition V5.0L10, V5.0L10A, V5.0L10B
Solaris INTERSTAGE Application Server Enterprise Edition 4.0, 4.1
INTERSTAGE Application Server Standard Edition 4.0, 4.1
Interstage Application Server Enterprise Edition 5.0, 5.0.1
Interstage Application Server Standard Edition 5.0, 5.0.1
Linux INTERSTAGE Application Server Enterprise Edition 4.1
INTERSTAGE Application Server Standard Edition 4.1
Interstage Application Server Enterprise Edition V5.0L10, V5.0L11
Interstage Application Server Standard Edition V5.0L10, V5.0L11
該当システム: PRIMEPOWER, GP7000F, GP-S, PRIMERGY, GP5000, CELSIUS, FMV, FMR
システムへの影響: 2005年7月28日以降、SSLを利用したSOAP通信を行う業務ができなくなります。
一時的な回避方法: ありません。
パッチ: あり。(提供範囲は「5.パッチ情報」を参照)

1. 背景

Interstage Application Serverが提供するSOAP機能において、早急な対処が必要な障害を抱えていることが確認されました。 2005年7月28日に、内部モジュールの証明書が期限切れとなり、それ以降、同製品のSOAP機能の一部が使用できなくなり、該当するシステムでは、SOAP通信を行う業務ができなくなります。

富士通は、5.に示す修正パッチを提供していますので、早急に適用する様にお願いします。

 Interstage関連製品については以下のページを参照してください。
 http://www.fujitsu.com/jp/products/software/middleware/business-middleware/interstage/

2. 該当システムの範囲

該当コマンド/ファイル 製品名 対象OS
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥US_export_policy.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥jce1_2_1.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥local_policy.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥sunjce_provider.jar
INTERSTAGE Application Server Enterprise Edition V4.0L10, V4.0L20 Windows
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥US_export_policy.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥jce1_2_1.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥local_policy.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥sunjce_provider.jar
INTERSTAGE Application Server Standard Edition V4.0L10, V4.0L20 Windows
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥US_export_policy.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥jce1_2_1.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥local_policy.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥sunjce_provider.jar
Interstage Application Server Enterprise Edition V5.0L10, V5.0L10A, V5.0L10B Windows
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥US_export_policy.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥jce1_2_1.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥local_policy.jar
<インストールフォルダ>¥F3FMsoap¥jce1_2_1¥lib¥sunjce_provider.jar
Interstage Application Server Standard Edition V5.0L10, V5.0L10A, V5.0L10B Windows
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/US_export_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/jce1_2_1.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/local_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/sunjce_provider.jar
INTERSTAGE Application Server Enterprise Edition 4.0, 4.1 Solaris
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/US_export_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/jce1_2_1.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/local_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/sunjce_provider.jar
INTERSTAGE Application Server Standard Edition 4.0, 4.1 Solaris
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/US_export_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/jce1_2_1.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/local_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/sunjce_provider.jar
Interstage Application Server Enterprise Edition 5.0, 5.0.1 Solaris
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/US_export_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/jce1_2_1.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/local_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/sunjce_provider.jar
Interstage Application Server Standard Edition 5.0, 5.0.1 Solaris
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/US_export_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/jce1_2_1.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/local_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/sunjce_provider.jar
INTERSTAGE Application Server Enterprise Edition 4.1 Linux
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/US_export_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/jce1_2_1.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/local_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/sunjce_provider.jar
INTERSTAGE Application Server Standard Edition 4.1 Linux
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/US_export_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/jce1_2_1.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/local_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/sunjce_provider.jar
Interstage Application Server Enterprise Edition V5.0L10, V5.0L11 Linux
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/US_export_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/jce1_2_1.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/local_policy.jar
/opt/FJSVsoap/jce1_2_1/lib/sunjce_provider.jar
Interstage Application Server Standard Edition V5.0L10, V5.0L11 Linux

上記の "<インストールフォルダ>" は、製品のインストールフォルダを示します。 製品のインストールフォルダの既定値は、C:¥INTERSTAGE または C:¥Interstage です。

3. 発見されている問題点

 2005年7月28日午前6時43分以後、Interstage Application Serverにおいて、内部モジュールの証明書が期限切れとなることにより、以下のA)およびB)の処理が失敗するようになります。
 A) SOAPクライアントアプリケーションでクライアント認証ありのSSLを使用しているSOAP通信
 B) soapSetSSLコマンド、soapMngSSLコマンド

上記の該当製品 に示す製品を使用しており、かつ、以下のいずれかの場合に本問題の影響が発生します。
・SOAPサービスが提供するSOAP通信機能でSSLを使用する場合、または
・UDDIクライアントでSSLを使用する場合、または
・ebXML Messaging Service (ebMS)を使用する場合

4. 一時的な回避方法

 ありません。

5. パッチ情報

製品名 対象OS パッケージ名 Patch ID
INTERSTAGE Application Server
Enterprise Edition V4.0L10
Windows F3FMsoap TP07659
INTERSTAGE Application Server
Standard Edition V4.0L10
Windows F3FMsoap TP07659
INTERSTAGE Application Server
Enterprise Edition V4.0L20
Windows F3FMsoap TP07659
INTERSTAGE Application Server
Standard Edition V4.0L20
Windows F3FMsoap TP07659
Interstage Application Server
Enterprise Edition V5.0L10
Windows F3FMsoap TP07659
Interstage Application Server
Standard Edition V5.0L10
Windows F3FMsoap TP07659
Interstage Application Server
Enterprise Edition V5.0L10A
Windows F3FMsoap TP07659
Interstage Application Server
Standard Edition V5.0L10A
Windows F3FMsoap TP07659
Interstage Application Server
Enterprise Edition V5.0L10B
Windows F3FMsoap TP07659
Interstage Application Server
Standard Edition V5.0L10B
Windows F3FMsoap TP07659
INTERSTAGE Application Server
Enterprise Edition 4.0
Solaris FJSVsoap 914050-01
INTERSTAGE Application Server
Standard Edition 4.0
Solaris FJSVsoap 914050-01
INTERSTAGE Application Server
Enterprise Edition 4.1
Solaris FJSVsoap 914051-01
INTERSTAGE Application Server
Standard Edition 4.1
Solaris FJSVsoap 914051-01
Interstage Application Server
Enterprise Edition 5.0
Solaris FJSVsoap 914052-01
Interstage Application Server
Standard Edition 5.0
Solaris FJSVsoap 914052-01
Interstage Application Server
Enterprise Edition 5.0.1
Solaris FJSVsoap 914052-01
Interstage Application Server
Standard Edition 5.0.1
Solaris FJSVsoap 914052-01
INTERSTAGE Application Server
Enterprise Edition 4.1
Linux FJSVsoap T00619-01 
INTERSTAGE Application Server
Standard Edition 4.1
Linux FJSVsoap T00619-01 
Interstage Application Server
Enterprise Edition V5.0L10
Linux FJSVsoap T00618-01 
Interstage Application Server
Standard Edition V5.0L10
Linux FJSVsoap T00618-01 
Interstage Application Server
Enterprise Edition V5.0L11
Linux FJSVsoap T00618-01 
Interstage Application Server
Standard Edition V5.0L11
Linux FJSVsoap T00618-01 
上記製品に同梱されたクライアントパッケージ※ Windows F3FMsoap TP07659

 ※クライアントパッケージとは、上記製品のWindows版・Solaris版・Linux版のいずれにも 同梱されるCD-ROMで、Windows上で動作するクライアント用機能が格納されています。
 Patch IDだけを記載しております製品に関しては、お手数ですがLinuxのサポート窓口(有償)にご連絡ください。

6. 改版履歴

  • 2005年7月1日 新規掲載
 元のページへ戻る