GTM-MML4VXJ
Skip to main content

安定運用

システムの安定稼働は企業活動を行う上での生命線です。例えばインターネットによる商取引を主体としてビジネスを展開している企業のシステムが停止してしまったとしたらどうでしょう。お客様に迷惑をかけてしまうのはもちろんのこと、システムが停止している間は一切の取引が停止してしまうことになり、企業活動が行えないことになってしまいます。

システムの安定運用は十分に考慮しておく必要があります。

このような事態を避けるためにもシステムの安定運用は十分に考慮しておく必要があります。システムが停止する要因はいくつも考えられますが、大切なのはシステムは停まってしまう可能性があるものだと認識しておくことです。この前提のもとで、いかにして停止する可能性を減らしていくか、万が一システムが停止してしまった際にいかにして素早く復旧させるか、がポイントとなってきます。

システムが停止する可能性を極力排除する

  • 定期的にバグやセキュリティ修正を適用しておくことで、不具合の発生要因を事前に排除しておく
  • 十分なテストを実施するとともに、システムの設計段階から不安となりそうな要因を可能な限り排除しておく

システムが停止した際に素早く復旧させる

  • クラスタリングを採用することで、システムの停止時間を最小限に抑える
  • サポート契約を結んでおき、トラブル解決を迅速に行う
  • 確実にバックアップをとっておくことで、データ喪失にも素早く対応する