GTM-MML4VXJ
Skip to main content

DNSサーバ

DNSサーバはドメイン名(例えば"jp.fujitsu.com")と住所にあたるIPアドレスの関連づけを管理、解決する役割を担っています。LinuxをはじめとするUNIX系OSで最も標準的に使用されているものとしてBIND(Berkeley Internet Name Domain)があげられます。

DNSサーバのシステム体系

 BIND とは

2000年9月にリリースされた現行のBIND 9 は、脆弱性の問題を抱えるそれまでのバージョンを全面的に見直し、ベンダーの協力のもと新たに開発されたものです。BIND には代表的なバージョンとしてBIND4 や8 も存在しましたが、2007 年8 月以降、これらはサポートされていません。1998年に設計が開始されたBIND 9 も、現在のインターネット環境に十分に対応できるものではなくなってきた為、次世代のニーズにあったBIND10が2013年2月21日に公開されました。

Red Hat Enterprise Linux 6のDNSサーバはBIND9.7、BIND9.8でしたが、Red Hat Enterprise Linux 7(以下、RHEL7)ではBIND9.9となりました。BIND9.9では、リダイレクト機能やDNSSECの機能強化などがされています。

DNSサーバの構築例

ハードウェアは必要とされる処理能力などの各種要件をふまえて適切なモデルおよびリソース(CPU、メモリ搭載量など)を選択してください。

RHEL7はSupportDesk Standardを契約することで利用できます。RHEL7をインストールすることでBIND 9も利用可能となります。

DNSサーバ構成例

更なるご提案


メールサーバ | webサーバ | DNSサーバ | プロキシサーバ | ファイルサーバ