ホストコンピューターとの通信制御FUJITSU Software FNA Server
機能 - 端末・接続の監視 -

FNA Serverは、ホストコンピューターに対する回線集約機能、プロトコル変換機能、やローカルコピーなどの機能を提供します。複数のホストコンピューターと同時に通信することができ、接続および切断を自動的に行えるため、回線の使用頻度や回線利用コストの削減を実現します。

端末・接続の監視

端末の監視

端末に対して定期的に監視データを送信することにより、FNA Serverと端末間の回線や端末の異常を検出することができます。また、モニターユーティリティーを使用して、すべての端末に対して監視データを送信することができます。

端末の監視の説明図

モニターユーティリティー

モニターユーティリティーでは、FNA Serverに接続している端末・デバイスの状態や、ホストコンピューターとの通信パスの接続状況、LUの状態などの各種情報を参照・確認することができます。また、FNA Serverに接続している特定の端末(全手順)、デバイス(TN接続)を強制的に切断することができます。

モニターユーティリティーの画面イメージ

証跡ログ

FNA ServerにFNAonTCP/IPまたはTN6680で接続している端末に関して、端末を特定するIPアドレスなどの情報、ホストコンピューター上のアプリケーションへの接続/切断状況および ホストコンピューターへの送信データなどの情報を、証跡ログとして記録することができます。FNA Serverで記録した証跡ログとホストコンピューター上の記録を参照することにより、ホストコンピューターに対して、どの端末がどのような操作を行ったのかを調査することができます。

証跡ログをハードディスクに格納

証跡ログはテキストファイルとして出力することができ、Systemwalker Centric Managerで収集できます。

証跡ログのテキストファイルを採取して格納

コマンドによるFNA Serverの設定

従来のGUIによるFNA Serverの設定に加え、コマンドを使って次の操作を行うこともできます。

  • FNA Serverの定義情報の入出力
  • FNA Serverの設定
  • 証跡ログの設定

FNA Server に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
FNA Server Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ