流通BMS(次世代EDI)全プロトコル対応型EDIサーバFUJITSU Software ACMS Apex EDI-BASE
機能

ACMS Apex EDI-BASEは、B2B環境を構築する上で不可欠な国内外の標準プロトコルやデータ変換機能、ジョブ管理機能、スケジューリング機能などを幅広く提供し、従来型のEDIはもとより、JX手順やebXML/MS(流通標準)手順などの流通BMSに適用させることができます。

機能説明

通信機能

国内標準として広く利用されているプロトコルからインターネット標準プロトコルまで、企業間での情報交換に不可欠な通信プロトコルを幅広くサポートし、様々な形態の企業間電子商取引に適用させることができます。

Internet通信

  • ebXML/MS(流通標準)
  • EDIINT AS2
  • JX手順(SOAP-RPC)
  • SFTP
  • 全銀ベーシック(TCP/IP 広域IP網)
  • 全銀パソコン(TCP/IP 広域IP網)

レガシー通信

  • 全銀ベーシック
  • 全銀パソコン
  • 全銀ベーシック(TCP/IP)
  • 全銀パソコン(TCP/IP)
  • JCA
  • FTP

Web-EDI

  • Web-EDI(deTrade II)

変換機能

国内標準はもとよりグローバル・スタンダードのビジネス・プロトコルも幅広くサポートしています。また、操作性に優れたマッピング機能と高速かつ効率的な変換機能により、システムやアプリケーション間のメッセージやデータ形式、文字(漢字)コードの違いを吸収します。フォーマット変換定義の作成は、クライアントツールを作業者単位にインストールすることで、複数名での定義作成作業に対応できます。

  • CII(EIAJ、JPCA、HWSW、JTRNなど)
  • UN/EDIFACT(JEDICOS、JAMA-JAPIAなど)
  • XML(流通BMSなど)
  • その他、固定長、可変長、CSVなど個別形式
  • 対応漢字コード(JIS、SJIS、EUC、IBM、JEF、KEIS、JIPSE、UNICODE)

統合管理機能

操作性や視認性にも優れたブラウザベースの運用画面で、監視モニターによる稼働状況の確認や障害検知が容易に行えます。通信やフロー、スケジュールなどの設定は、運用を停止せずに追加 / 変更が可能であり、複数サーバに分散して本製品を運用する場合でも、個々のサーバを意識せずブラウザから操作できます。また、運用画面へアクセスする運用者単位でのきめ細やかな権限設定により、利用者の役割に応じた適切な操作・参照権限を設定することもできます。

フロー機能

複数システムにまたがるジョブ管理やデータ連携を、管理画面のフローで可視化し、統合管理することができます。処理に異常がある場合は、アイコンの色が変わるので直感的に状況を把握でき、問題解決を促します。また、設定はフローエディタを利用して、複数ノードにわたる長いフローも容易に定義できます。システム間を意識することなく、一画面で一括して管理できるため、業務が効率化できます。

スケジュール機能

データ連携における多様な場面での自動運用・監視・制御を行う機能を提供しています。予定されているジョブフローが動作しなかった場合のアラート機能や、企業ごとの営業時間や運用に合わせた通信などのサービス時間の制御により、スケジュールを柔軟に管理できます。

スケジュール形態

  • カレンダースケジュール:日付・時間・曜日を指定しフローや通信処理などを実行と休日カレンダー設定
  • 監視スケジュール:指定時間帯でのフローや通信処理などの実行を監視
  • 制御スケジュール:指定時間帯でのフローや通信処理などの実行を許容

システム管理

高い可用性とセキュリティが叶える安心・安全なデータ連携を行うために、再試行 / 自動縮退運転 / 自動復旧 / プロセス二重化 / データ散在防止 / PCI DSS準拠 / オンラインマイグレーションを実現し、問題解決の手段として重要なログ機能を提供します。

Web-EDI機能

Internetを使用したWeb-EDIのサーバ機能をWeb/deTradeII手順オプションとして提供します。Web-EDIサーバに接続されるお取引先様は、ブラウザ操作による伝票データのアップロードまたはダウンロードを行うことでEDI取引を行うことができます。オプション機能(別途ライセンス購入が必要)として、お取引先様からの伝票データ送受信を自動化する「Webクライアント自動化オプション」を用意しています。この機能は、指定した伝票データの送信および受信を、ブラウザを使用することなく実施できます。お取引様にプログラムを配付して使用していただく形態となります。

ZEDI機能

全銀EDIシステム(ZEDI)接続に利用できる各種機能を提供します。

  • ZEDI接続シーケンス管理機能
  • ZEDI用のXML電文(ISO 20022)の作成・変換機能
  • ZEDI専用証明書のクライアント証明書管理(取得・格納)機能

製品体系

ACMS Apex EDI-BASE 流通BMS(次世代EDI)に必要な全てのプロトコルに対応したEDIサーバです。

ACMS Apex EDI-BASE に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
ACMS Apex EDI-BASE Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ