印刷管理FUJITSU Software Interstage Print Manager
機能 - 幅広く印刷セキュリティを確保 -

Interstage Print Managerは、基幹業務の帳票印刷に必要なスプール管理、印刷エラー監視やリカバリー印刷など、信頼性の高い印刷管理システムをオープン環境で実現します。

追跡情報印刷機能

印刷者を特定する情報「いつ、誰が、どこから、何を印刷したのか」を、ヘッダーやフッターに付加して印刷できます。

追跡情報印刷機能

監査証跡ログ機能

印刷に関する操作を、CSV形式のログで採取できます。不正行為が発生した場合、「いつ」、「どのプリンターで」、「誰が」、「何のドキュメントに」、「どのような操作を行ったのか」を追跡できます。また、採取した監査証跡ログが不正に修正されていないかをチェックするコマンドを提供します。Interstage Print Managerは、印刷情報のログだけでなく、印刷ドキュメントのアクセス制御や原本保存等(印刷データ保存の機能)を組み合わせることで、情報流出を防ぐセキュリティ対策を強力に支援します。

監査証跡ログ機能

集中管理ログ機能

情報漏えい対策ソフトウェア「Systemwalker Desktop Keeper」と連携することで、監査証跡ログの情報をSystemwalker Desktop Keeper側に集約して管理できます。また、その際にどのようなデータを印刷したのかを印刷データの原本(任意の1ページのみ)を原本ファイルとして保存することができます。その際、原本ファイルは、集中管理クライアントのログビューアーで確認することができます。

集中管理ログ機能

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

Interstage Print Manager に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Interstage Print Manager Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ