印刷管理FUJITSU Software Interstage Print Manager
機能 - マルチベンダープリンターでの統一運用・操作性 -

Interstage Print Managerは、基幹業務の帳票印刷に必要なスプール管理、印刷エラー監視やリカバリー印刷など、信頼性の高い印刷管理システムをオープン環境で実現します。

印刷操作

Interstage Print Managerが提供する印刷操作画面では、以下の多彩なスプール操作が行えます。印刷操作画面は、Interstage Print Manager が管理するスプール/プリンターの状態などを表示/操作する画面です。

スプールの一覧情報の切替え

画面の表示モードを切替え、プリンターや利用者ごとにスプールの情報を一覧表示し、目的の印刷ドキュメントの状態を素早く参照することができます。

プリンター操作

印刷操作画面からプリンターの一時停止/一時停止の解除などの操作が行えます。

印刷ドキュメント操作

印刷ドキュメントの削除/保留/保留解除/退避/簡易プレビュー/再印刷/優先順位変更/保存期間変更/移動/複写など、多種多様なスプール操作が行えます。

印刷トラブル対処

Interstage Print Managerは、印刷業務におけるエラーを確実に監視してエラーリカバリーを行い、以下の高信頼印刷機能を提供しています。

集中管理ログ機能

印刷エラー通知

複数サーバにまたがる印刷業務でも、印刷時の詳細なエラーを印刷依頼元や管理者へ的確に通知します。富士通のVSP / VSシリーズ / PrintiaLASER シリーズ(Printianavi搭載機)やパートナー連携対応プリンターと組み合わせることで、より高度なエラーが通知できます。また、Systemwalker Centric Managerと連携することにより、エラーの集中監視もできます。なお、サポートしているプリンターについては、以下の「高度な印刷状態の監視ができるプリンター」をご覧ください。

印刷エラーリカバリー

印刷中にエラーが発生した場合に、エラー発生ページからの印刷再開や、ページ指定再印刷(再開ページの指定で印刷)ができます。

エラー時のプリンター切り替え

プリンターの故障等ですぐに復旧できない場合に、印刷先のプリンターを切り替えることができます。

印刷データ保存

Interstage Print Managerは、印刷業務における以下の印刷データ保存の機能を提供しています。

印刷後保存

印刷完了後、印刷ドキュメントを保存できます。印刷でエラーが発生した場合に、アプリケーションを再起動しなくても保存したデータを利用して再印刷することができます。

退避/復元

印刷ドキュメントを退避し、必要時に復元することができます。バックアップツールと連携し外部媒体に保管することで、定期的なスプールデータのバックアップできます。

基幹業務印刷

印刷属性付加

保留印刷指定や区切りページ、スプール保存期間の設定など、様々な印刷属性を付加することができます。

用紙交換メッセージ

用紙の交換が必要な場合、用紙交換メッセージを出力できます。

印刷完了メッセージ

印刷完了時にメッセージで通知することができるので、印刷が完了したタイミングを把握することができます。

FAX連携ソリューション

Interstage Print Managerは、以下と連携してFAX送信できます。

FAX連携機能

連携パートナー製品と組み合わせることで、Interstage List Creatorや各種業務アプリケーションからの出力をFAX送信できます。

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

Interstage Print Manager に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Interstage Print Manager Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ