ビジネス・インテリジェンスFUJITSU Software Interstage Navigator Server
機能 - レポート作成と分析の操作説明 -

主な特長

Interstage Navigator Serverでは、エンドユーザーが現実的に思い描けるイメージ(レポート)をインターフェースの基本とし、使いやすさと生産性を実現しました。

レポートのイメージ

利用者が「欲しい」と思い描いたレポートを、直感的なインターフェースで指定し、簡単にレポートを作成できます。レポートの構成要素となる、「切り口(店舗別、月別など)」と「データ(集計したいもの)」とを、柔軟に組み合わせてレポートを作成することができます。

組み合わせや管理の柔軟性を実現

利用者の目的にあったレポートが作成できます。利用者は、「切り口」と「データ」を柔軟に組み合わせることができます。そして、レポートのイメージを指定するだけの簡単な操作で、欲しいレポートを手に入れることができます。

レイアウト画面

Interstage Navigator Serverの仕組み

Interstage Navigator Serverが、利用者がイメージしたレポートを切り口とデータを用いて、どのようにレポートを作成しているかを説明します。例えば、売上データを元に「店舗別」、「商品別」、「月別」に集計したレポートで、売上状況を調べる場合を考えます。

店舗別、商品別、月別に、売上高データを集計してレポートを作成

Interstage Navigator Serverでは、レポートを構成している、

  • 切り口:「店舗別」「商品別」「月別」
  • データ:「売上高」

をレポートイメージに合わせて指定します。データは、リレーショナルデータベースの項目が元となっています。フラットな2次元のデータ構造を、切り口を使って、多次元モデルに組み立てます。

情報の多次元モデル

さらに、多次元モデルを縦横集計表に仕立て直します。

多次元モデルを縦横集計表に仕立て直します

この仕組みにより、「切り口」と「データ」を指定するだけで、柔軟にレポートを作成できます。

レポートの作成

Interstage Navigator Server を使ったレポート作成について、操作の流れを説明します。店舗別の売上傾向を知るために、「どの店舗」で「何月」に「どれぐらい売れたのか」分かる表が欲しいという要望を例とします。

欲しいレポートの「項目」「データ」を、思い描きます。

店舗ごとに、4月から3ヶ月間で、いくら売れたかが分かるレポートを作成します。管理ポイントから 「店舗別」をレポートの縦軸へ、「月別(最近3ヶ月)」をレポートの横軸へ、データから「売上高」をデータの集計欄へ貼り付けます。

ドラッグ&ドロップ操作でレイアウトを指定します。

「OK」をクリックするとレポートができます。レポートが表示されます。ボタンをクリックするだけで、Excelにレポートを貼り付けることもできます。

「OK」ボタンをクリックすると、レポートが出力されます。

ドリルダウン分析

作成したレポートから、特徴の見られた商品について掘り下げて、原因を分析します。粗利益の良かったデータにマーキングしたところ、仙台店における6月度の冷暖房の売り上げが良かったことがわかりました。

作成したレポートを分析します。

「冷暖房」グループを構成する製品に掘り下げ、「何が売れたのか」を調べます。「ドリルステップ」をクリックし、「冷暖房」の内訳を見ます。

ドリルステップで、さらに売上状況をみます。

「冷暖房」セルを選択し、ツールバーから「ドリルステップ」をクリックします。「冷暖房」の内訳が表示されました。「エアコン」の売り上げが良いことがわかりました。

内訳が表示されました。

掘り下げたい項目を選択し、ボタンをクリックするだけで、ドリルダウン分析ができます。

Interstage Navigator Serverは、企業内で使用されているレポートの調査・分析結果を基に開発されています。企業内で流通しているさまざまなレポートを簡単に作成できます。Interstage Navigator Serverで作成できるレポートの例と、情報活用の例をご紹介します。ここでご紹介するのは、一部の機能を使用したものです。ご紹介できなかったきめ細かい機能につきましては、当社担当窓口へお問い合わせください。

時系列集計(基本)+明細表

例:店舗売上状況レポートと明細表(「Interstage Navigator Serverとは」でご紹介したレポート)

時系列集計(基本) + 明細表

Interstage Navigator Serverは、豊富なレポート作成オプションを装備しており、最終形のレポートに近い形で、データを集計できます。

時系列集計(応用)

例:売上推移の監視と前年同月比較による売上計画の立案

時系列集計(応用)

日付データや月度データを、年度別、月度別などに分類して集計し、時系列で表したレポートです。販売推移や購入推移などを、月度、年度、半期といった単位で、表します。

ランキング

例:販売業における、ランキングによる販売分析

ランキング

集計結果の大きい順または小さい順に集計行を並べ替えたり、データの取り出し行数を指定したりできます。売上順位表(Top10)や、問題分析(Worst10)レポートなどを作成できます。

予実管理表

例:販売業における、予算未達成商品の洗い出しによる販売管理支援(経営者層)

予実管理表

予算(店舗ごとの売上目標)や実績(日々の売上実績)など、異なるテーブルを別々に集計した結果を並べたレポートです。アラーム機能で達成率をマーキングすると、一目で達成状況を把握できます。

分布集計

例:販売業における、店内レイアウト検討などの営業支援

分布集計

数値データ「単価」を任意の範囲でくくった「価格帯」で、売上額を集計しています。数値データを範囲で分類するとわかりやすいものに、年齢(20歳代、30歳代)などもあります。

ABC分析

例:製造業における、在庫適正化に向け、ABC分析による重点管理製品の洗い出し

ABC分析

データを、累積構成比に応じて、重要度の高い順に、A、B、Cの3つのランクに分けた「ABC分析表」を作成できます。

顧客分析(CRM)

例:銀行における、顧客の囲い込み、キャンペーン管理

顧客分析(CRM)

特定のセグメントや顧客に特化した分析を行うため、顧客のプロフィールや、セグメンテーションごとの志向を分析したりする、CRM(Customer Relationship Management)向けレポートです。

管理ポイントと辞書

Interstage Navigator Serverでは、切り口(管理ポイント)とデータを、別々に管理します。従来、利用者が、データベースにない新たな切り口でデータを集計したいと思ったら、管理者に依頼して、データベースを変更してもらう必要がありました。

管理者の負担が大きいが大きかった。

そのため、システム管理者には、大きな負担がかかり、また、利用者にとっては、スピーディーな対応ができない状況にありました。Interstage Navigator Serverでは、元のデータベースは変更せず、新たな切り口を追加します。

Interstage Navigator Serverでは、個人で分析の切り口を作成、管理することができます。

システム管理者の負担を軽減し、利用者はタイムリーにレポートを作成するとこができます。Interstage Navigator Serverでは、切り口(管理ポイント)とデータを別々に管理することで、データベースを変更せずに切り口を設定できます。そのため、「スピーディー」で「柔軟」な分析が行えます。

データベースを変更せずに切り口を設定できるので、「スピーディー」で「柔軟」な分析が行えます。

共通/個人の管理ポイント

共通の管理ポイントと、個人用の管理ポイントは、別々に作成、管理されます。業務の違うAさん、Bさん、Cさんには、それぞれの目的に合わせて違う切り口(管理ポイント)が必要になります。

目的に応じて、管理ポイントを作成できます。

それぞれは、個人が作った管理ポイントです。作成者専用であり、使用、削除なども個々人で行います。皆が共通に使用する管理ポイントは、管理者が作成します。これを「共通の管理ポイント」と呼びます。共通の管理ポイントと、個人用の管理ポイントは、別々に管理されています。個人用の管理ポイントが作成できるため、柔軟な分析が行えます。

共通の管理ポイントと、個人の管理ポイントを「辞書」として、保持、管理されます。

共通の管理ポイントを利用すれば、皆が同じ切り口で分析できます。業務の内容や立場によって異なる切り口は、個人用の管理ポイントを利用します。使い分けることで、柔軟な分析が行えます。

Interstage Navigator Server に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Interstage Navigator Server Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ