電子帳票システムFUJITSU Software Interstage List Works
機能 - 帳票の情報を守るセキュリティ対策 -

Interstage List Worksは、さまざまなプラットフォームから出力された帳票を電子化して一元管理することで、セキュリティに配慮した帳票の有効活用と帳票の印刷配信を実現します。

帳票データの不正な流出を阻止

確実な本人特定

ユーザー認証は、指紋認証などのバイオ認証に対応しています。Webの業務アプリケーションと連携することにより、LDAP連携などにも対応できます。

帳票のアクセス権

サーバー上の保管フォルダー / 帳票に対しては、ユーザー / グループ単位に、フォルダーの作成 / 削除や記入、印刷、データ連携などの機能ごとにアクセス権を設定できます。帳票の登録時にもアクセス権が設定できます。業務に不要な操作を制限することで、不正アクセスや情報漏えいを抑止します。また、フォルダーや帳票に設定されているアクセス権情報をファイルに出力(エクスポート)したり、アクセス権を一括設定(インポート)したりできるため、アクセス権を効率よく管理できます。

監査証跡の採取 / 分析と帳票原本保存

サーバー上の帳票に対する操作については、「いつ、誰が、どの帳票を、どうした」について操作ログを出力できるため、不正操作を監視でき問題発生時にも追跡調査できます。操作ログは改竄されているかどうかをチェックできるため、直接編集の抑止が期待できます。また、帳票原本を保存していますので、漏洩した内容までを適切に把握し、被害を最小限に抑えます。

監視証跡のログを保存

印刷物の長時間プリンター放置を予防

印刷した帳票に印刷者が特定できる情報(ユーザーID、印刷日時)を出力します。責任の所在を明確化し、プリンターへの長時間放置を予防できます。

ID印刷による放置防止

Interstage List Works に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Interstage List Works Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ