ハードディスクの高速バックアップ、復元、短時間でのシステム再構築を実現FUJITSU Software DatacloningWizard
Active Directoryドメインコントローラのリストアを行う場合の注意事項

対象製品

  • DatacloningWizard for Server オンラインバックアップオプション V6.1
  • DatacloningWizard for Server オンラインバックアップオプション V6.0
  • DatacloningWizard OnlineBackup for Windows Server V5.0L50以降

概要

Active Directoryドメインコントローラのシステムディスクのリストアを行った場合には、必ずすべてのActive Directoryドメインコントローラのバックアップを取得し直してください。
また、取得し直す前のバックアップはリストアしないでください。
取得し直す前のバックアップをリストアした場合、リストアを行ったドメインコントローラで、DFSレプリケーションサービスのイベントにイベントID:2104のエラーイベントが記録される、SYSVOLフォルダの同期が行われない等の現象が発生する場合があります。

取得し直す前のバックアップをリストアした場合の回復方法

DFSレプリケーションサービスのイベントにイベントID:2104のエラーイベントが記録される、SYSVOLフォルダの同期が行われない等の現象が発生した場合には、以下の方法で復旧を行ってください。
ドメイン管理者のユーザー(Administratorなど)で実施してください。
各コマンドの詳細はご利用のOSのヘルプ等を参照してください。

  1. コマンドプロンプト(管理者)を開き、カレントディレクトリをC:¥に設定します。
  2. DFSレプリケーションサービスを停止します。
    C:¥>net stop dfsr
  3. DFSRデータベースファイルのフォルダを退避します。
    (以下はDFSRデータベースファイルのフォルダが「database_4A70_F111_70F1_50B」の場合の例です。環境によってフォルダ名は異なります。)
    C:¥>icacls "System Volume Information" /grant "Domain Admins":F
    C:¥>ren "System Volume Information\DFSR\database_4A70_F111_70F1_50B" database_4A70_F111_70F1_50B.old
  4. DFSレプリケーションサービスを開始します。
    C:¥>net start dfsr
  5. DFSレプリケーションサービスのイベントにイベントID:4604のイベントが記録されていることを確認します。
  6. 退避したDFSRデータベースファイルのフォルダを削除します。
    C:¥>rmdir /s "System Volume Information\DFSR\database_4A70_F111_70F1_50B.old"
    C:¥>icacls "System Volume Information" /remove "Domain Admins"

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

DatacloningWizard に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
DatacloningWizard Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ