GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iNetSec SF

セキュリティ対策アプライアンス

iNetSec SF

iNetSec SFは、ネットワーク上に存在するパソコンやプリンタなど、さまざまなIT機器を自動的に検出し、管理外の不正な機器のネットワーク接続を排除するための専用アプライアンス製品です。
センサーハードウェア(iNetSec SF 510 センサー)とマネージャーソフトウェア(iNetSec SF マネージャー)により構成されます。

特長1

  • 持ち込みパソコンの不正接続を防止

    社内に接続された持ち込みパソコンを検知し、排除を行います。排除された持ち込みパソコンからWebブラウザを使った利用申請も可能です。
    また、MACアドレス(ベンダーID)、IPアドレスの範囲を事前登録することにより、ネットワーク接続を自動許可することが可能です。

  • IT 機器の「見える化」

    接続されたIT 機器の固有情報を自動収集します。MACアドレス/ IP アドレス以外にも、ホスト名やベンダー名、機器種別(PC <Windows /Mac / Linux> 、プリンター、ルータ/スイッチ、携帯端末 <スマートフォン、タブレット端末> など)(注1)の自動取得が可能です。

  • 脆弱性検査

    Windows、Officeのセキュリティパッチ適用状況、Adobe Reader/Flash、Javaのバーション、ウイルス対策ソフトの導入状況などを検査します。

(注1)自動識別機能は、すべての機器の識別を保証するものではありません。
サポートサービスに含まれる機器自動識別辞書の更新により、識別機器が拡充されます。

特長2

iNetSec SF 標的型攻撃検知イメージ

標的型攻撃検知イメージ

iNetSec SF 特長

自己拡散型マルウェア検知イメージ

iNetSec SF 自己拡散型マルウェア検知イメージ

マルウェア活動をリアルタイムに検知

  • 端末間の通信から、マルウェアによる不正な意図を持った振る舞いをリアルタイムに検知
  • 標的型攻撃や、自己拡散型マルウェアに共通する通信の振る舞いを判定するため、
    既知のマルウェアの亜種や、未知のマルウェアの検知にも有効
  • マルウェア活動を検知後、管理者へ検知結果を直ちに通知

マルウェア感染端末を自動的に遮断

  • マルウェア活動を検知後、感染端末を即時にネットワークから遮断することでマルウェア拡散を防止
  • 自動での遮断、管理者による手動での遮断を選択
  • エージェントレスで検知から遮断までを行うため、今まで対策の難しかったクローズドネットワークにも適応が可能
  • 感染端末の利用者には、遮断理由を画面表示で通知

禁止アプリケーション利用を防止

  • 辞書化されたアプリケーションの情報を利用し、端末で使用されているアプリケーションを判定
  • アプリケーション辞書は購入者向けWebで無償提供されており、最新のアプリケーションにも追従可能
  • 禁止アプリケーションを使用した端末をネットワークから遮断し、情報漏えいを防止

特長3

標的型サイバー攻撃対策(内部・出口対策連携)

標的型サイバー攻撃対策(入口・内部対策連携)

製品仕様

製品の仕様については、下記のPDFファイルをご参照ください。

センサーハードウェア仕様 (89 KB/A4, 1 page)
ハードウェア・ソフトウェア・ライセンス 仕様 (75 KB/A4, 1 page)

PDF のリンク先をご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobeR Reader™(無償)が必要です。

IPCOMシリーズ、
PFU社製セキュリティ製品iNetSecシリーズ、
富士通ネットワークソリューションズ株式会社製
リモートアクセス製品 モバらくだシリーズ に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

資料請求・購入相談

技術お問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)