GTM-MML4VXJ
Skip to main content

インターネット閲覧ブラウザを安全に自動切替する「AuthBrowserSwitch」

インターネット閲覧の新たな脅威の出現

最近のセキュリティ動向として「標的型攻撃メール」や「ランサムウェア」といった新たな脅威が挙げられます。インターネット閲覧環境では、このような新たな脅威への対策が必要になります。

標的型攻撃メール

標的型攻撃メールとは

不特定多数に対する攻撃ではなく、特定の対象を狙って攻撃を行います。メールを使った標的型攻撃は実在するサイトを装う手口も報告されており、一見すると悪意のあるメールとは判断できない場合があります。
標的型攻撃メールを受信しウイルスに感染した場合、個人情報や機密情報の漏えいにつながる他、組織外部への接続口を勝手に開かれる等の重大な被害が想定されます。

標的型攻撃メールによる被害

標的型攻撃メールによる被害は増加傾向にあります。標的型攻撃メールが送信される背景には、組織や個人の機密情報を盗み取ろうとする意図や、組織内ネットワークやシステムの最深部にたどり着くための踏み台(中継点)を確保しようとする意図、詐欺に巻き込もうとする意図などが考えられます。

ランサムウェア

ランサムウェアとは

身代金要求型の不正プログラムです。これに感染したコンピュータはシステムへのアクセスを制限されます。この制限を解除するため、被害者はマルウェアの作者にransom(身代金)を支払うよう要求される場合があります。

ランサムウェアによる被害

2016年、日本国内での法人における被害件数は前年比で8倍とも9倍とも言われ、過去最大の被害が報告されています。

インターネット分離システム

インターネットを分離する、とはどういうことか

社外Webアクセス環境と社内業務システム環境を切り離すことで社外のWebサイトからのウイルス感染のリスクを排除する仕組みのことです。この分離により、標的型攻撃メールで社外Webアクセス環境が万一ウイルスに感染しても、社内業務システム環境は、仮想化したWebブラウザの画像以外の通信がファイアーウォールによって遮断され、セキュアな環境を保つことができるのです。

AuthBrowserSwitch とは?

ブラウザ自動切替ソフトウェア「AuthBrowserSwitch」は、Internet Explorerのプラグインとして提供され、Internet Explorer、メール、Microsoft OfficeファイルやPDFファイルなどに記載されているURLリンクに応じた適切なブラウザを自動的に判別し起動します。

お客様は、本ソフトウェアを導入することにより、クライアント仮想化ソフトウェア(Citrix XenApp 、VMware Horizon 7 (RDSH)、Microsoft Windows Server 2012 R2 RDSで動作している、仮想化されたブラウザの社外サイト(インターネット)のURLをクリックするだけで、目的のサイトを表示することができるようになります。さらに、社外サイトのアクセス可否をお客様管理者がリスト化し設定することができますので、お客様利用者の不用意な有害サイト閲覧を制御することが可能になります。

AuthBrowserSwitchの動作イメージ

1:接続先のURLが社内の場合は、ローカルPCのブラウザで社内(イントラネット)に接続
2:接続先のURLが社外の場合は、仮想化されたブラウザを起動社外(インターネット)に接続

AuthBrowserSwitchは、仮想ブラウザを利用した「インターネット接続分離システム」において、URLに応じた適切なブラウザの使用、ブラウザ間のリクエストデータ連携により従来と変わらないユーザビリティを実現します。

富士通ソフトウェアテクノロジーズ AuthBrowserSwitchご紹介ページ新規ウィンドウが開きます

仮想化関連製品・サービス

  • 垂直統合型 仮想化基盤:ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)新規ウィンドウが開きます
    ハイパーコンバージドインフラストラクチャーは、SDS「Software Defined Storage」技術によるサーバのみで構成された次世代型オールインワンシステムです。
    富士通HCIはICT基盤の短期導入や安定稼動に加え、当社ノウハウを組み込むことにより運用・増設・管理の簡略化を実現し、簡単、迅速、柔軟なICT基盤として、従来のインフラ運用における課題を解決します。
  • 垂直統合型 仮想化・クラウド基盤:FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSphere新規ウィンドウが開きます
    PRIMEFLEX for VMware vSphereは仮想化基盤・プライベートクラウド基盤の設計、構築、運用に必要な要素を含んだ垂直統合型プラットフォームです。高品質なインフラ基盤の短期導入を実現するとともに、ICTライフサイクル全般にわたる運用の品質向上と負荷軽減を促し、お客様のビジネスの変革・成長に貢献します。
  • PCサーバ:FUJITSU Server PRIMERGY(プライマジー)新規ウィンドウが開きます
    PRIMERGYは、追加や変動が大きい業務に最適なLinux、Windows PCサーバです。小規模の業務システムやリソースの効率性や負荷変動への即応性が重視される業務集約に適した仮想マシン機能(VMware、Hyper-V、Linux仮想マシン機能)をご提供します。
  • UNIXサーバ:SPARC Servers新規ウィンドウが開きます
    SPARC Serversは、豊富なアプリケーションと利用実績に基づくSPARC / SolarisスタンダードなUNIXサーバです。柔軟性・効率性が重視される業務集約に適したSolarisコンテナ、仮想ハードウェア環境Oracle VM Server for SPARC新規ウィンドウが開きますをご提供します。
  • 基幹IAサーバ:FUJITSU Server PRIMEQUEST(プライムクエスト)新規ウィンドウが開きます
    PRIMEQUESTは、安定稼働が最も重要な業務に最適なLinux、Windows基幹IAサーバです。ハードウェアの冗長化に加え、信頼性が重視される業務集約に適したハードウェア・パーティション機能をご提供します。
  • ストレージ:FUJITSU Storage ETERNUS新規ウィンドウが開きます
    ETERNUSは、高信頼なデータ保管を実現するストレージシステムです。VMwareのボリューム仮想化技術「VVOL(Virtual Volumes)新規ウィンドウが開きます」 など、ストレージの設定や運用効率化を実現する「ストレージの仮想技術新規ウィンドウが開きます」をご提供します。
  • 検証サービス新規ウィンドウが開きます
    お客様のご希望に合わせて、ハイブリッドクラウド・システムの導入効果も事前にご確認いただけます。
  • 富士通サーバ ISV/IHV技術情報新規ウィンドウが開きます
    富士通サーバ ISV/IHV技術情報では、富士通のサーバ製品(PCサーバ(PRIMERGY)、UNIXサーバ、基幹IAサーバ(PRIMEQUEST))に適用可能な、ISV(ソフトウェアベンダー様)とIHV(ハードウェアベンダー様)の製品及び技術情報を提供しています。

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-KLMLSZ