GTM-MML4VXJ
Skip to main content

VSC(Virtual Storage Console)

仮想化が進むとサーバやストレージの構成や設定は複雑化し、管理の負担が大きくなります。VSC(Virtual Storage Console)は、VMware vSphereによる仮想化環境において、ストレージの統合管理を可能にするVMware vCenter Serverプラグインです。富士通ではETERNUS NR1000F seriesで対応しています。

仮想化環境におけるサーバとストレージの管理の分断

サーバ・ストレージ・ネットワークなど、コンピュータシステム上のリソースを効率的に活用するには仮想化が必要です。しかし、仮想化が進むにつれ、システムの構成は複雑になり、リソースの管理は煩雑化します。

こうした中、登場したのが、サーバを仮想化するにはいまやデファクトスタンダードと言えるソフトウェア VMware vSphereであり、その仮想化された環境を管理する統合管理ソフトウェア VMware vCenter Serverです。サーバ仮想化のためのVMware vSphereでも簡単なストレージ仮想化機能を備えていますが、ストレージの便利な機能を活用するにはストレージベンダーが提供する管理ソフトウェアを利用する必要があります。そのため、仮想化されたサーバの管理にはVMware vCenter Server、仮想化されたストレージの管理にはストレージ用管理ソフトウェアを使って別々に管理することになり、手間が増えます。管理者にはVMware vCenter Serverとストレージ用管理ソフトウェアの両方の知識が求められ、その負担も大きくなります。


仮想されたサーバとストレージの管理が分断される

仮想化されたサーバとストレージの管理を効率化するVSC

VSC(Virtual Storage Console)は、VMware vCenter Serverのプラグインです。VMware vCenter Serverと同じサーバにインストールすることで、VMware vCenter ServerからサーバだけでなくETERNUS NR1000F seriesを統合管理できます(VMware vCenter Serverと別のサーバにインストールしても利用可能です)。


VSCをインストールすることで、ETERNUS NR1000F seriesを統合管理できる

VSCにより次の機能を利用できます。

  • 監視とホストの設定
    VMware vCenter Serverの管理下にあるサーバ、ETERNUS NR1000F seriesのステータスを表示し、パフォーマンスや安定な動作に必要な設定値の確認や変更を行います。
  • 最適化と移行
    仮想化環境に最適化されていない仮想マシン(Windowsなど)が原因で引き起こされるパフォーマンスの問題を修正します。
  • バックアップとリカバリ
    ETERNUS NR1000F seriesのスナップショット機能と連携し、様々な粒度での高速なバックアップとリカバリが可能です。
  • プロビジョニングとクローン
    論理ディスクの作成や容量の変更、重複排除などの管理が可能です。また、テンプレートをベースにストレージのクローン機能と連携して、大量の仮想マシンを展開できます。

仮想化環境でリソースを効率的に活用するには、いかに手間をかけずに管理できるかがポイントになります。


富士通は、NetApp社のOEM製品としてETERNUS NR1000F seriesを提供しています。VMware vSphereによる仮想化環境では、VSCにより同製品の統合管理が可能です。
管理者が慣れた画面でサーバと同時にストレージも管理できるソリューションとして、管理の手間とコストの削減に大きく貢献します。

掲載日:2015年9月8日

関連情報

書庫探コンテンツ情報

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS