ソフトウェアRAIDとハードウェアRAIDとの違いについて

RAIDには、OSなどに内包されたソフトウェアによる「ソフトウェアRAID」と、RAID専用ハードウェアを使用する「ハードウェアRAID」の2つに大別されます。

  • ソフトウェアRAID
    SCSIインターフェースなどを通して、コンピュータに接続されている複数のハードディスクを、ひとつに見せかける機能を持つソフトウェア(RAIDソフトと呼ばれる)をコンピュータ上で実行させるものです。
    Windows NT/2000のソフトウェアRAIDなどが一般的です。
  • ハードウェアRAID
    サーバのCPUとは独立した制御部分が、RAID処理を実行します。
    大きく分けて、コンピュータ内のPCIバスに接続するカードタイプと、ディスクドライブと一体化され、ファイバチャネルやSCSIなどの方式で接続するタイプがあります。
    本格的なサーバシステムでは、サーバのCPUに余分な負荷のかからない、ハードウェアRAIDコントローラーを用いるのが一般的です。

SSDの外観図

掲載日:2009年5月7日

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ