GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ダウンロード >
  6. ETERNUS DX100 S4/DX200 S4用ファームウェア

FUJITSU Storage ETERNUS DX100 S4/DX200 S4用ファームウェア

弊社(富士通株式会社。以下同様)は、本ファームウェアをお客様にご提供するにあたり、下記「使用条件」「安全保障輸出管理」にご同意いただくこと、および、富士通ID登録(無料)を使用の条件とさせていただいております。
お客様が本ファームウェアをダウンロードまたは使用すると、下記「使用条件」「安全保障輸出管理」にご同意いただいたものといたしますので、下記「使用条件」「安全保障輸出管理」にご同意いただけない場合には、ダウンロードを中止してください。

使用条件

ソフトウェアのご使用にあたっては、下記のご使用条件をお守りください。
ご使用条件を遵守できない場合には、本ソフトウェアは使用しないでください。

  1. 本ソフトウェアは、対象機種に対してのみご使用できます。
  2. 本ソフトウェアの再配布はできません。
  3. 本ソフトウェアを改造、リバースエンジニアリング、逆アセンブル等を行うことはできません。
  4. 本ソフトウェアに関するいかなる著作権表記も変更できません。
  5. 本ソフトウェアを使用した結果、損害が発生しても弊社は責任を負いません。

安全保障輸出管理

本サイトで提供されるドライバ、BIOS、アップデートモジュールおよびソフトウェア(以下、“ソフトウェア”)は、「外国為替及び外国貿易法」(外為法)および米国の法令(米国輸出管理規則(EAR))で規制される技術が含まれるものがあります。ダウンロードにあたっては、以下の条件に同意いただく必要があります。同意いただけない場合には、本ソフトウェアをダウンロードすることはできませんのでご注意ください。

  1. 本ソフトウェアを以下の目的に使用しないこと。
    • (ア) 大量破壊兵器等注1の開発等注2 に用いられる。
    • (イ) 核燃料物質・核原料物質の開発等注2、核融合の研究、原子炉又は
              その部分品・附属品の開発等、重水の製造、核燃料物質・核原料物質の
              加工・再処理。
    • (ウ) 軍・国防機関(その委託先を含む)が行う化学物質の開発・製造、
              微生物・毒素の開発等、ロケット・無人航空機の開発等、
              宇宙の研究(天文学関連を除く)。
  2. お客様(あなた)は米国政府が輸出管理規則(EAR)注3で輸出を禁ずる、イラン、朝鮮民主主義人民共和国、シリア、スーダン、キューバ の国民ではありません。
  3. 本ソフトウェアを本邦より輸出あるいは第三者へ提供する際には、経済産業省および米国政府の輸出許可が必要な場合があります。もし、お客様(あなた)が日本国以外の国に居住されていて、第三国に輸出あるいは第三者に提供する場合には、居住国および米国政府の輸出管理規則注3に従ってください。
  4. 尚、輸出許可が必要な場合は、お客様(あなた)ご自身で許可を取得ください。関連情報については、下記ウェブサイトをご確認いただくか注4、お客様(あなた)の居住国の輸出規制当局にお問い合わせください。

(注1) 大量破壊兵器等: 核兵器、軍用の化学製剤、細菌製剤またはこれらの散布のための装置、これらを運搬することのできるロケット / 無人航空機。

(注2) 開発等: 開発、製造、使用または貯蔵。

(注3) 輸出管理規則EARについては、米国商務省産業安全保障局(BIS)のウェブサイト(http://www.bis.doc.gov/Open a new window)をご確認ください。

(注4) 経済産業省(http://www.meti.go.jp/policy/anpo/Open a new window)、
アメリカ大使館 商務部(http://www.buyusa.gov/japan/services/index.aspOpen a new window

著作権

本ソフトウェアの著作権は、富士通株式会社が所有します。

同意する 富士通ID登録を行う 同意しない

ファームウェアに関するお問い合わせ

SupportDeskサービスご契約のお客様

弊社SupportDeskでは、OSC(One-stop Solution Center)の専門スタッフが、ハードウェアの点検/修理とソフトウェアのトラブル/Q&Aに対応します。
さらに、インターネットを活用したハードウェアの障害予兆の自動通報や、 お客様専用ホームページによる運用ノウハウの提供など、充実したサービス 内容でシステムの安定稼動を実現します。

SupportDeskサービス未契約のお客様

SupportDeskを未契約の場合は、富士通ハードウェア修理相談センターにご連絡ください。

電話によるお問い合わせ

富士通ハードウェア修理相談センター
icon-telephone 0120-422-297 (フリーダイヤル)

  • お問い合わせ時間:月~金曜日 9時~17時 (祝日および12月30日~1月3日を除く)
  • 音声ガイダンスにしたがって、お進み下さい。

Webフォームでのお問い合わせ

入力フォーム

GTM-5LTXMS