GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 次世代エンドポイント運用サービス

次世代エンドポイント運用サービス

サービス概要

FUJITSU Security Solution 次世代エンドポイント運用サービス」は、利用者の教育や啓蒙だけでは防ぐことのできない情報漏えいやウイルス被害といった脅威から、お客様のシステムをエンドポイント(注1)で守るセキュリティ製品(Endpoint Detection and Response製品(注2))の運用を代行するサービスです。
各製品にて検出した脅威アラートの監視・通報をはじめ、ポリシーメンテナンス等の運用支援・ログ分析等を代行します。

注1:インターネットや社内LANの末端に接続されたサーバ、パソコン、あるいはスマートフォンなどのこと
注2:お客様のパソコンで脅威を検知(Detection)し、対応(Response)を支援する未知のウィルス対策製品です。

サービス概要

サービスの特長

  1. 次世代エンドポイント製品のチューニングを支援
    エンドポイントで異常が発生すると利用者からの問合せが増加するため、利用状況に合わせ、検知ポリシーの最適化等を支援します。
  2. 分析レポートでエンドポイントの状態の可視化
    検出された大量のログから傾向や特徴を可視化し、脅威に対抗するポリシー適応や対策立案を支援します。
  3. 24時間体制でお客様環境を監視
    お客様自身での実施が困難な24時間の監視体制を提供し、異常の早期通報を実施します。

サービス体系

対象となる次世代エンドポイント製品は以下の2製品です。

(1)traps(パロアルトネットワークス社製品)

サービス名称 提供内容
運用初期導入
  • サービス実施にあたり必要な要件の確認と「実施条件書」の作成
  • 運用サービス開始における準備作業(環境構築やテスト等)
運用支援 基本
  • 管理者様からのFAQ受付および回答
  • インシデント監視/通報
  • 死活監視(pingコマンド)
  • エージェント(Traps)のライセンス管理
オプション 分析レポート
  • 管理サーバのログを分析し、結果を月次レポートにて提出
リモート
運用支援
  • 検知ポリシーの変更作業
  • エージェント(Traps)のバージョンアップ作業
  • コンテンツ(エクスプロイト防御ルール等)アップデート作業の運用支援

(2)McAfee Endpoint Security(マカフィー社製品)

サービス名称 提供内容
運用初期導入
  • サービス実施にあたり必要な要件の確認と「実施条件書」の作成
  • 運用サービス開始における準備作業(環境構築やテスト等)
運用支援 基本
  • 管理者様からのFAQ受付および回答
  • インシデント監視/通報
  • 月次レポート作成(マルウェア検知状況など集計して報告)
  • ポリシー変更代行
オプション 分析レポート
  • 管理サーバのログを分析し、結果を月次レポートにて提出
リモート
運用支援
  • マルウェア感染時の侵入経路、影響範囲の調査(管理サーバにて)
GTM-KJ2442