GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2014年 >
  4. 神奈川工科大学様の情報教育システムをシンクライアント化

PRESS RELEASE

2014年12月10日
株式会社富士通エフサス

神奈川工科大学様の情報教育システムをシンクライアント化

国内大学初!学生の個人所有PCをBYOD利用し、多様化する教育環境に対応

当社は、このほど学校法人幾徳学園 神奈川工科大学様(学長:小宮 一三、以下、神奈川工科大学様)に、シンクライアント環境を導入するとともに、学生の個人所有PCをBYOD利用することで、学生にとって使い勝手がよく、運用管理の負荷が低い情報教育システムの構築を実現いたします。

具体的には、教室PC、学生PCにシンクライアントソフトをインストールし、シンクライアント端末として活用することで、端末毎のインストールやアップデートなどを行うことなく、Windows7、Windows8、LinuxといったマルチOS環境、さらに常に最新のアプリケーション環境を提供出来るようになりました。なお、国内の大学で、学生の個人所有PCのBYOD利用を実現するのは、神奈川工科大学様が初めてです。

これにより、神奈川工科大学様におかれては、教室や設備に依存しない新たな教育環境の基盤が整い、今後、遠隔授業を始めとする様々な革新的な取り組みが可能となります。

当社は、文教分野において、今後とも最新のICTと高度な運用技術により、先進的かつ安定した教育環境を提供してまいります。

近年、大学においては、急激な少子高齢化の進行や人口減少などから、主体的に学び、考え、行動する人材の育成が求められており、それを後押しする上で、多様化する利用者の学習・研究スタイルに対応できる新たなICT基盤の構築が必要とされています。

神奈川工科大学様では、実践的なITエンジニアを育成するため、Windows7やWindows8、LinuxといったマルチOS環境で講義を行っており、その際使用する開発環境やアプリケーションについては、随時バージョンアップなどで最新のものに更新する一方で、同時にサーバやPCといったハードウェア資産はできるだけ減らしていくことが求められていました。
 

上記の課題を解決するため、当社は、プライベートクラウド環境に加え、学生の個人所有個人PCからアクセス可能なシンクライアントシステムを提案し、このほど導入頂きました。また映像やCGなど、特殊なグラフィックボードを必要とする講義には、据え置き型のハイスペックなPCを導入し、シンクライアントとハイスペックPCのハイブリッドな講義環境を実現しています。

 

システム概要

システム概要

期待効果

1.利便性の向上

  • 教室固定化防止による、フレキシブルな利用が可能
  • 学生にとって使い勝手のいい、個人PCを利用
  • ハイスペックPCによる最先端授業の受講が可能

2.運用負荷の軽減

  • 常駐型運用サービスにより、システムの運用負荷が軽減
  • ハードウェアの部品交換からソフトウェアトラブル、仮想マスタの更新まで窓口を一本化

3.拡張性

  • 仮想化技術によりシステムの持続性・拡張性が向上し、TCOが削減

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通エフサス
経営推進本部 広報・宣伝部
icon-telephone 044-874-6209
icon-mail お問い合わせ

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通エフサス
サービスビジネス本部 サービス企画統括部
icon-telephone 0120-860-242
受付時間:9時~12時、13時~17時(土曜・日曜・祝日、年末年始、当社指定休日を除く)
icon-form お問い合わせ

GTM-KJ2442