SDGs貢献ソリューションのご紹介

富士通グループでは、2030年度までの長期目標として、「ヒューマンセントリックな社会の実現に向けて、SDGsをはじめとする社会課題解決に資する取り組みを発信していくことで、世界から最も頼られる企業のひとつとして認知される」ことを掲げ、取り組んでいます。
富士通フロンテックグループでは、長年お客様へ提供してきた「環境貢献ソリューション」にSDGsへの対応を付加した「SDGs貢献ソリューション」の提供を開始しました。
当社グループの「SDGs貢献ソリューション」をご紹介します。

※「SDGs貢献ソリューション」は、「SDGsの達成に貢献可能なソリューション」の意をステークホルダーへ簡潔に伝えるためのフレーズであり、当社の商標やそれに類似するものではありません。

SDGs貢献ソリューション 一覧

金融

統合ファイリングシステム「不備帳票対応」

概要当システムは、不備がある帳票も電子イメージ化して登録し、代理店や営業店から端末を利用して帳票を検索・抽出し訂正することが可能です。これにより、訂正処理スピードが向上し、業務効率化が図れます。また、不備帳票の搬送に伴う情報漏洩リスクや紛失リスクを大幅に低減できます。

登録:2020年3月

紹介資料ご紹介資料
環境改善率(※)△51.2%
SDGsとのかかわり8:働きがいも経済成長も国内金融機関の能力を強化し、全ての人々の銀行取引及び金融サービスへのアクセスを促進・拡大する。
13:気候変動に具体的な対策をICT導入による生産性向上、業務改善等によりお客様におけるCO2排出量を削減する。

モバイル印鑑照会・照合システム

概要当システムは、モバイル印鑑照会システムをベースに、現状営業店設置端末で実現している印鑑照合機能をサーバ化することにより、モバイル端末から印鑑照合業務を可能にします。また、人の移動量やオフィススペースを減らし、CO2排出量の削減に貢献します。

登録:2021年3月

紹介資料ご紹介資料
環境改善率(※)△49.5%
SDGsとのかかわり8:働きがいも経済成長も国内金融機関の能力を強化し、全ての人々の銀行取引及び金融サービスへのアクセスを促進・拡大する。
13:気候変動に具体的な対策をICT導入による生産性向上、業務改善等によりお客様におけるCO2排出量を削減する。

ATM

「ICカード読取りエラー時の取引続行」システム

概要当システムは、磁気ストライプ部の読み取りエラーが発生しても取引を中断させず、ICチップ内のカードデータを読み取ることで取引を継続させることが可能です。これにより、伝票枚数を削減できるだけでなく、お客さまの銀行滞在時間が短くなることでエアコンなどの空調機器の省エネが図れます。

登録:2020年2月

紹介資料ご紹介資料
環境改善率(※)△51.0%
SDGsとのかかわり8:働きがいも経済成長も国内金融機関の能力を強化し、全ての人々の銀行取引及び金融サービスへのアクセスを促進・拡大する。
12:つくる責任 つかう責任製品ライフサイクルを通じ、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、廃棄物を削減する。
13:気候変動に具体的な対策をICT導入による生産性向上、業務改善等によりお客様におけるCO2排出量を削減する。

クローンツールHDDによるブート用媒体(DVD)の削減

概要当システムは、自動機のHDD内のクローンツールを使用することで、当社が提供するATM、「FACT V X200e」や「FACT V X180NS」に添付していたDVD枚数の削減とカスタマーエンジニアの作業時間の短縮を可能にします。また、DVD枚数が減ることで、保管スペースも削減できます。

登録:2020年3月

紹介資料ご紹介資料
環境改善率(※)△62.8%
SDGsとのかかわり8:働きがいも経済成長も国内金融機関の能力を強化し、全ての人々の銀行取引及び金融サービスへのアクセスを促進・拡大する。
12:つくる責任 つかう責任製品ライフサイクルを通じ、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、廃棄物を削減する。
13:気候変動に具体的な対策をICT導入による生産性向上、業務改善等によりお客様におけるCO2排出量を削減する。

電話番号変更取引

概要当システムは、従来、顧客の電話番号がシステムに登録されていない場合、銀行のシステムに登録するか、もしくは窓口で登録処理していたのをATMで電話番号を変更できるようにすることで、FIDO取引の不成立を未然に防止します。取引不成立件数が減少することで、行員の負担軽減とスピードアップ、伝票枚数の削減が図れます。顧客にとっては待ち時間および問い合わせ時間が大幅に短縮し、利便性が向上します。

登録:2020年11月

紹介資料ご紹介資料
環境改善率(※)△59.0%
SDGsとのかかわり8:働きがいも経済成長も国内金融機関の能力を強化し、全ての人々の銀行取引及び金融サービスへのアクセスを促進・拡大する。
12:つくる責任 つかう責任製品ライフサイクルを通じ、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、廃棄物を削減する。
13:気候変動に具体的な対策をICT導入による生産性向上、業務改善等によりお客様におけるCO2排出量を削減する。

「金種指定出金取引」システム

概要当システムは、出金金種の入力をATMで行えるため、従来窓口で行っていた各金種登録の処理が不要になり、行員の負担軽減とスピードアップ、伝票枚数の削減が図れます。顧客にとっては、待ち時間および問い合わせ時間が大幅に短縮し、利便性が向上します。

登録:2020年11月

紹介資料ご紹介資料
環境改善率(※)△24.7%
SDGsとのかかわり8:働きがいも経済成長も国内金融機関の能力を強化し、全ての人々の銀行取引及び金融サービスへのアクセスを促進・拡大する。
12:つくる責任 つかう責任製品ライフサイクルを通じ、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、廃棄物を削減する。
13:気候変動に具体的な対策をICT導入による生産性向上、業務改善等によりお客様におけるCO2排出量を削減する。

AI-OCR

Keyword Capture® 口振パッケージ

概要口座振替の委託者を自動で特定し、委託者毎に設定されたキーワードを基にしたOCRが可能です。これにより、行員による口座振替依頼書の内容確認からデータ入力までの作業を自動化し、口座振替依頼書のエントリー業務の作業時間を短縮、事務処理の軽減が図れます。

登録:2020年3月

紹介資料ご紹介資料
紹介ページ製品紹介ページへ
環境改善率(※)△46.1%
SDGsとのかかわり8:働きがいも経済成長も国内金融機関の能力を強化し、全ての人々の銀行取引及び金融サービスへのアクセスを促進・拡大する。
9:産業と技術革新の基盤をつくろう環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大により、持続可能性を向上させる。
13:気候変動に具体的な対策をICT導入による生産性向上、業務改善等によりお客様におけるCO2排出量を削減する。

RFID

RFID商品管理システム

概要当システムは、RFIDによる工場-倉庫-店舗間のトレーサビリティと、在庫数・販売期限の可視化が可能です。これにより、店舗在庫数にあった量の工場生産・倉庫保管による物流工程の適正化・廃棄ロス/販売機会ロスを削減し、一括検品による検品・棚卸作業の業務効率化が図れます。

登録:2020年3月

紹介資料ご紹介資料
紹介ページ製品紹介ページへ
環境改善率(※)△19.9%
SDGsとのかかわり9:産業と技術革新の基盤をつくろう環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大により、持続可能性を向上させる。
12:つくる責任 つかう責任製品ライフサイクルを通じ、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、廃棄物を削減する。
13:気候変動に具体的な対策をICT導入による生産性向上、業務改善等によりお客様におけるCO2排出量を削減する。

RFID入店人数管理システム

概要当システムは、クラウドを利用することで正確な店舗内人数の可視化と、蓄積データを活用することでゲストの滞留時間を算出することができます。この対応により、作業工数の削減、人数カウント係の人員削減および店舗内の人数をコントロールすることが可能となります。

登録:2021年3月

紹介資料ご紹介資料
環境改善率(※)△41.7%
SDGsとのかかわり9:産業と技術革新の基盤をつくろう環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大により、持続可能性を向上させる。
13:気候変動に具体的な対策をICT導入による生産性向上、業務改善等によりお客様におけるCO2排出量を削減する。

店舗

精査情報の電子管理

概要当システムは、端末等で小売店の精査情報を参照・管理できます。これにより、精査情報のレシートへの印字作業と、レシートや管理台帳のトラック輸送が不要になり、物の消費量と物の移動量の削減につながります。また、温暖化対策としてのCO2排出量も削減することができます。

登録:2021年1月

紹介資料ご紹介資料
環境改善率(※)△98.8%
SDGsとのかかわり12:つくる責任 つかう責任製品ライフサイクルを通じ、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、廃棄物を削減する。
13:気候変動に具体的な対策をICT導入による生産性向上、業務改善等によりお客様におけるCO2排出量を削減する。

※環境改善率

富士通グループでは、富士通株式会社が開発した手法を用いて、ソリューション・サービスの導入によってお客様の環境負荷がどれだけ低減されるかを定量的に評価しています。
ソリューション・サービスの導入効果を「環境のモノサシ」を用いて「環境効果に変換」します。 例えば、ペーパーレス(紙の削減)や生産性の向上、作業効率の向上などの導入効果を定量的に算出し、これをCO2排出量に換算します。

ページの先頭へ