GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. RFIDタグ・リーダライタ >
  4. UHF帯RFID >
  5. タグ ISO/IEC 18000-63準拠 / EPC GEN2準拠

UHF帯RFID タグ

ISO/IEC18000-63準拠(注1)/EPC GEN2準拠

ソフトリネンタグ

カゴ車専用タグ

書類管理用ラベルタグ

小型金属対応タグ

PETカードタグ

小型ラベルタグ

ラベルタグ

ISO/IEC18000-63準拠(注1)/EPC GEN2準拠/SAE AS5678規格準拠

金属対応ラベルタグ


ISO/IEC18000-63準拠(注1)/EPC GEN2準拠

ソフトリネンタグ

  • ユニフォームやリネン製品に装着が可能
  • 防水、耐圧、耐熱、耐アルカリ性洗浄に対応
  • リネンサプライ業界標準の最高強度60バールの圧力脱水洗濯に対応
  • 小型・薄型で柔軟性を実現

ソフトリネンタグの画像

項目 仕様
型名 (注2) TFU-TC4BxB (注5)
寸法(W)×(D)×(H) 55×10×1.6mm
メモリ容量 EPCコード:96bit、その他制御領域
周波数 916.8~922.2MHz
952~955MHz
通信距離 (注9) 約1.9m
動作環境(稼動時) 温度:-20~50℃、湿度:10~95%R.H.
耐用年数 洗濯200回または3年の短い方

カゴ車専用タグ

カゴ車専用タグの画像

項目 仕様
型名 (注2) TFU-TJ16xB (注7)
寸法(W)×(D)×(H) 109×54.5×17.5mm
メモリ容量 EPCコード:96bit、その他制御領域
周波数 916.8~922.2MHz
952~955MHz
通信距離 (注11) 約2.5m
動作環境(稼動時) 温度:-10~40℃、湿度:10~95%R.H.

書類管理用ラベルタグ

  • 1~2mm間隔で重なった書類1000枚を約30秒で読み取り可能
  • 通信距離が約6~7mと長いため、書類管理業務の大幅な効率化を実現
  • 閲覧管理、棚卸しなどの作業を正確かつ迅速に行い、セキュリティ管理の精度が向上
  • ゲートアンテナによる不正持ち出しや盗難の検知が可能

新書類管理用ラベルタグの画像

項目 仕様
型名 (注2) TFU-TL4AxA / TFU-TL4AxB (注8)
寸法(W)×(D) 79×11mm
メモリ容量 EPCコード:96bit、その他制御領域
周波数 916.8~922.2MHz
952~955MHz
通信距離 約6~7m(当社測定環境での数値。使用する環境により異なります。)
動作環境(稼動時) 温度:0~40℃、湿度:30~80%R.H.

小型金属対応タグ

  • 読み取りが困難な金属対象物に直接貼り付け可能
  • 金属対象物の入出荷・在庫管理、金型や製造機器の管理、建機や建設資材の管理等の効率化を実現

小型金属対応タグの画像

項目 仕様
型名 (注2) TFU-TM38xB (注7)
寸法(W)×(D)×(H) 52×16×5.3mm
メモリ容量 EPCコード:96bit、その他制御領域
周波数 916.8~922.2MHz
952~955MHz
通信距離 (注10) 約2.5m
動作環境(稼動時) 温度:0~40℃、湿度:30~80%R.H.

PETカードタグ

  • IDカードとして携帯し、入退室管理が可能

PETカードタグの画像

項目 仕様
型名 (注2) TFU-TP23xA (注7)
寸法(W)×(D)×(H) 85.6×54.0×0.76mm
メモリ容量 EPCコード:96bit、その他制御領域
周波数 916.8~922.2MHz
952~955MHz
通信距離 (注10) 約3.3m
動作環境(稼動時) 温度:-10~50℃、湿度:10~95%R.H.

小型ラベルタグ

  • 55×15mmの小型サイズと約5mの通信距離を実現
  • ラベルプリンタでEPCコードの書込みや、バーコード・文字等の印字が可能

小型ラベルタグの画像

項目 仕様
型名 (注2) TFU-TL87xA / TFU-TL87xB (注8)
寸法(W)×(D) 55×15mm
メモリ容量 EPCコード:96bit、その他制御領域
周波数 916.8~922.2MHz
952~955MHz
通信距離 (注10) 約5m
動作環境(稼動時) 温度:0~40℃、湿度:30~80%R.H.

ラベルタグ

  • 小型媒体やファイルの背表紙等に貼り付け可能
  • 貼り付けスペースの少ない物品に使用可能

ラベルタグの画像

項目 仕様
型名 (注2) TFU-TL74xB (注6)
寸法(W)×(D) 55×9mm
メモリ容量 EPCコード:96bit、その他制御領域
周波数 916.8~922.2MHz
952~955MHz
通信距離 (注10) 約1.2m
動作環境(稼動時) 温度:0~40℃、湿度:30~80%R.H.

(注1)国際規格化の名称変更に伴いISO/IEC18000-6 Type-Cの表記を変更。
(注2)本製品型名の末尾がAの場合、EPC (注3)コード領域は未ロックで、お客様が情報を書き込むタイプです。Bの場合、EPCコード領域はロック済みで、当社指定コードが書き込まれたタイプです。
(注3)EPC: Electronic Product Codeの略。EPCglobal (注4)が規定する商品コード体系であり、既存のバーコード体系と互換性がある。
(注4)EPCglobal: RFIDタグの国際標準化を推進する非営利法人。国際的な流通コード標準化団体であるGS1(旧国際EAN協会)と米国標準化団体のGS1 US(旧Uniform Code Council)が共同出資し、2003年11月に設立された。
(注5)"x"は手配ロットを示します。(1:500、2:1,000以上、3:10,000以上、4:100,000以上、5:1,000,000以上)
(注6)"x"は手配ロットを示します。(1:100以上、2:1,000以上、3:10,000以上、4:100,000以上)
(注7)"x"は手配ロットを示します。(1:100以上、2:1,000以上、3:10,000以上)
(注8)"x"は手配ロットを示します。(2:1巻(2,000枚)以上、3:5巻(10,000)以上、4:50巻(100,000)以上)
(注9)当社ロングレンジリーダライタ( TFU-RW7x2または TFU-RW36x)、 外付けアンテナ(TFU-AN1x)および アンテナケーブル(TFU-CB123)を使用した場合の目安です。(通信距離は円偏波の場合の目安です。ご使用になるタグおよび周囲環境により通信距離は異なります。)
(注10)当社 ロングレンジリーダライタ(TFU-RW36x)外付けアンテナ(TFU-AN1x)および アンテナケーブル(TFU-CB123)を使用した場合の目安です。(通信距離は円偏波の場合の目安です。ご使用になるタグおよび周囲環境により通信距離は異なります。)
(注11)当社 ロングレンジリーダライタ(TFU-RW36x)外付けアンテナ(TFU-AN1x)および アンテナケーブル(TFU-CB125)を使用した場合の目安です。(通信距離は円偏波の場合の目安です。ご使用になるタグおよび周囲環境により通信距離は異なります。)

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

電話番号 042-377-0445

受付時間:平日9時~12時、13時~17時
(土曜、日曜、祝日、年末年始、当社指定休日は除く)

Webからのお問い合わせ

当社へのお問い合わせ

本製品に関するご質問やご相談、資料請求などをお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。

ISO/IEC18000-63準拠(注12)/EPC GEN2準拠/SAE AS5678規格準拠

金属対応ラベルタグ(RFID Integrated Label)

  • 航空業界の新標準データフォーマットATA Spec2000 Chapter9-5 (注14)Ver.2013に対応
  • SAE AS5678 (注13)Exterior認定取得済みで航空機搭載品に求められる難燃性に対応
  • 貼付対象物が円筒型であっても貼り付け可能な曲げ強度と粘着性を備え、対象物に応じて3サイズ(Large / Medium / Small)より選択可能

金属対応ラベルタグの画像

項目 仕様
寸法
(W)×(D)×(H)
Large 70×32×1.4mm
Medium 55×25×2mm
Small 35×25×2mm
重量 5g以下
メモリ容量 EPCコード:496bit、
ユーザメモリ(2サイズ):65,536bits / 8,192bits
周波数 860~960MHz
カタログ ダウンロード(英語) (196 KB)

(注12)国際規格化の名称変更に伴いISO/IEC18000-6 Type-Cの表記を変更。

(注13)SAE AS5678: SAE(Society of Automotive Engineers)が2006年12月に規格制定した、航空機使用を目的とするパッシブ型RFIDタグに対する環境仕様および試験方法について規定した規格。RFIDタグを使用する環境条件を、Interior、Exterior、Power Plantの3つに分類し、各々の要求仕様を決めている。

(注14)ATA Spec 2000 Chapter 9-5: A4A(Airlines for America:航空輸送協会)が策定する、航空機部品の材質や信頼性に関する情報交換や処理手順等について規定した標準化ドキュメント。第9章では、部品に貼付するバーコード、二次元コード、RFIDについて全般的に規定している。

関連メニュー

RFID製品情報ソリューションサービス

お問い合わせ

本製品の販売は富士通株式会社です。富士通株式会社までお問い合わせください。
お問い合わせはこちら