GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

モバイルハンディ 利用シーン 製造(工程管理)

現場の状況を見える化し、実績入力の効率化とリアルタイムな進捗状況の把握を可能にします。

概要

業種 製造(工程管理) 対応業務 工程管理、在庫管理
対応機種 MultiPad V2 MultiPad V2

課題と効果

1 生産計画に対して、実際の物がどこまでできているのか確実に把握したい。 矢印 ハンディターミナルに実際の工程(着手・完了)を入力する事により、リアルタイムに進捗状況が確認可能。
2 入出庫実績から、製品在庫・部品在庫の数量管理を効率化したい。 矢印 倉庫内をロケーション単位に入庫・出庫管理をおこなうことで、在庫の所在を把握。実績入力は、ハンディターミナルで効率的に作業が可能。

ハンディターミナルに実際の工程を入力する事で、リアルタイムに進捗状況を確認

関連メニュー

店舗ソリューションPOSハンディターミナルサービス

お問い合わせ

本製品の取り扱いは富士通株式会社です。富士通株式会社までお問い合わせください。
お問い合わせはこちら