富士通フロンテックグループ健康宣言

富士通フロンテックグループは、お客様のビジネス最前線の変革と発展を支えていくことをミッションとしています。

これを実現するために、社員一人ひとりは、①仕事を通じての成長や、上司や仲間との信頼関係・良好な人間関係が、心身の健康にも関連していることを意識して活動し②心身ともに健康であることを通じて「幸せ」であると実感することを目指します。

会社は、健康第一の考えのもと、Work Life Shiftをはじめとする「働き方改革」の取り組み等と連携しながら、社員一人ひとりの「ありたい姿」の実現を支援し、健康でイキイキと働くことができる環境づくりを行います。

重点活動目標

~こころと身体の健康意識の向上と健康の保持・増進~

  • メンタルヘルスの安定
    こころが健康な状態を維持できるように、未然防止の対策に取り組みます。
    また、不安を感じた際の早期発見・治療のサポート体制強化や心理的安全性の高い職場づくりに取り組みます。
  • 生活習慣病リスクの低減
    自分の健康状態を知り、生活習慣の向上や支援強化へ取り組みます。

推進体制

担当役員をCHO(Chief Health Officer:健康経営最高責任者)とし、事務局を中心に、健康管理室やグループ各社の担当部門との意見交換を密にし、安全衛生防災委員会や本部長を通じ、施策を展開します。当社の状況や課題、施策については、経営層の参加する会議で適時報告しています。

活動目標

メンタルヘルス対策

20年度(実績)21年度(目標)22年度(目標)23年度(目標)
ストレスチェック受験率90%以上の維持97.2%90%以上90%以上90%以上
年次休暇1人あたり平均年間取得日数の向上12.2日13日14日15日

生活習慣病対策

20年度(実績)21年度(目標)22年度(目標)23年度(目標)
特定保健指導実施率(完了者率)の向上算出中30.0%35.0%40.0%
肥満率(BMI25以上の割合)の低減32.8%29.0%27.5%25.0%

関連リンク

  • こんなところにフロンテック
  • 会社案内パンフレット
  • 会社紹介ムービーへ
ページの先頭へ