富士通フロンテックグループ健康宣言

富士通フロンテックグループは、お客様のビジネス最前線の変革と発展を支えていくことをミッションとしています。

これを実現するために、社員一人ひとりは、①仕事を通じての成長や、上司や仲間との信頼関係・良好な人間関係が、心身の健康にも関連していることを意識して活動し②心身ともに健康であることを通じて「幸せ」であると実感することを目指します。

会社は、健康第一の考えのもと、Work Life Shiftをはじめとする「働き方改革」の取り組み等と連携しながら、社員一人ひとりの「ありたい姿」の実現を支援し、健康でイキイキと働くことができる環境づくりを行います。

重点活動目標

~こころと身体の健康意識の向上と健康の保持・増進~

  • メンタルヘルスの安定
    こころが健康な状態を維持できるように、未然防止の対策に取り組みます。
    また、不安を感じた際の早期発見・治療のサポート体制強化や心理的安全性の高い職場づくりに取り組みます。
  • 生活習慣病リスクの低減
    自分の健康状態を知り、生活習慣の向上や支援強化へ取り組みます。

推進体制

担当役員をCHO(Chief Health Officer:健康経営最高責任者)とし、事務局を中心に、健康管理室やグループ各社の担当部門との意見交換を密にし、安全衛生防災委員会や本部長を通じ、施策を展開します。当社の状況や課題、施策については、経営層の参加する会議で適時報告しています。

活動目標

メンタルヘルス対策

2021年度結果2022年度(目標)2023年度(目標)
ストレスチェック 受検率90%以上の維持(目標)90%以上
(実績)91.1%       
90%以上90%以上
年次休暇 1人あたり平均年間取得日数の向上(目標)13日以上
(実績)14.3日     
14日以上15日以上

生活習慣病対策

2021年度(実績)2022年度(目標)2023年度(目標)
特定保健指導実施率(完了者率)の向上算出中35.0%40.0%
肥満率(BMI25以上の割合)の低減34.8%27.5%25.0%

主な取り組み

健康診断

富士通フロンテックグループでは、法定の健康診断項目に年齢別に胃部検査、便潜血検査などの検査を追加した定期健康診断を実施し、産業医・産業保健スタッフによる結果のフィードバックにより、健診結果の正しい理解と健康意識の向上を図るとともに、精密検査や医療機関受診の勧奨を徹底しています。さらに重症化予防施策として、健康保険組合と連携、健康診断の結果、要治療と判定された社員のその後のレセプトをチェックし、未受療者には改めて受診勧奨を行い、適切な治療につなげています。
また、富士通健康保険組合との連携により、がんの早期発見に向けて、婦人科健診の無料化や脳・肺のドック受診料を補助する制度も設けています。
2019年度健康診断受診率:99.9%

PCやスマートフォンで健診結果を参照できるシステム

メンタルヘルスケア

社内にカウンセラーを配置し、相談・カウンセリング、メンタルヘルス疾患者の就業支援、再発防止や各種メンタルヘルス教育を行うことで、社員および職場を支援しています。
ストレスチェックでは、診断による社員のセルフケアを支援するとともに、集団分析結果を職場へフィードバックし、ストレスマネジメント教育(幹部社員向け)を実施することで、ストレス低減、職場活性化を支援しています。

ストレスチェックの問診票と個人結果

健康増進イベント

富士通フロンテックグループでは、富士通健康保険組合との連携により、ウォーキングイベントや禁煙イベントなど、健康増進活動を推進しています。加えて、女性向けの健康セミナーやメールマガジンの配信など、様々な機会を活用し、一次予防に取り組んでいます。また、社員食堂の健康メニューの提供や管理栄養士による食事指導など、食事面からの支援も行っています。

全社ウオーキングイベント「みんなで歩活」

春と秋の年2回実施する、スマートフォンアプリなどを活用して平均歩数を競うイベント。個人、チームでの参加が可能でそれぞれの部門で上位者の表彰を行っています。

禁煙推進イベント「みんなで禁煙チャレンジ」

喫煙者1名に対し非喫煙者2~5名がサポーターになり、チームで3ヶ月間の禁煙にチャレンジするイベント。禁煙を達成したチームには会社から達成インセンティブの進呈があります。

治療と就業の両立支援

富士通フロンテックグループでは、健診時に脳・肺ドックを提供するなど、早期発見・早期治療を支援しています。そして、適切な治療や治療しながら生き生きと就労できるよう、休業中のケアから復職後の就労までを個人の疾病に特化した健康支援を行っています。

感染症対策

富士通フロンテックグループでは、様々な感染症から社員を守るため、情報提供など対策を積極的に取り組んでいます。感染症の予防対策として、海外赴任者を対象とした赴任先ごとに推奨される予防接種(会社負担)を実施しています。

「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に3年連続で認定(2022年3月)

経済産業省と日本健康会議より、社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人として3年連続で「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました。
健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

関連リンク

  • こんなところにフロンテック
  • 会社案内パンフレット
  • 会社紹介ムービーへ
ページの先頭へ