Analyst Report

Is Business Ready to Make the Quantum Leap?
~企業は量子飛躍を遂げる準備ができているか?~

新しい形のコンピューティングが現在不可能なことを可能にする世界は、まもなくです。

生命科学企業が、複雑で多変数の研究課題を1つのキーストロークで解くことによって、数年ではなく数日のうちに新薬や治療法を開発するためのコンピューティング能力をすぐに手に入れたときの可能性を想像してみてください。

あるいは、輸送会社が、複数の場所を移動する最適なルートを特定するアルゴリズムを実行できるようにすることで、サプライ・チェーンから何十億ドルものコストの非効率性を削減する方法を考えてみてください。

これが量子コンピューティングの可能性です。量子コンピューティングは、これまで想像できなかった処理能力の飛躍的向上によって、従来のコンピューティングでは実現できなかった既存のビジネス・オペレーションの変革と新しい成長機会の創出に新たな可能性を開くことができます。

量子コンピューティングは企業にとって大きな関心分野となっており、Airbus、BASF、Boeing、RBSなど、さまざまな業界の多国籍企業が量子の研究プロジェクトや提携にここ数カ月で大規模な投資を行っています。Microsoftの最高経営責任者であるSatya Nadella氏は、量子コンピューティングが今後数年のうちに「世界を形作る」技術のひとつになるだろうと述べている。

しかし、企業は量子がその約束を果たすのを待つことができるだろうか?

組織は、ますますデジタル中心の戦略をサポートするために、より機敏なビジネスモデルの基盤を早急に構築する必要があります。変化する顧客の要求や変化する競争環境に対応するために変革するにつれて、新しい製品やサービスの設計から、サプライ・チェーンの流れ、リスク管理へのアプローチに至るまで、重要なプロセスの実行方法を大幅に変更する必要があります。

ビジネスリーダーがプロセス最適化の課題にどのように取り組んでいるかをより深く理解するため、teknowlogy Groupは富士通と提携して、北米、英国、アイルランド、ドイツ、スペイン、北欧地域の企業の300名を超える経営幹部にインタビューを行いました。このレポートでは、経営陣がどのようにして業績の低い事業部門を変革しようとしているのか、そして量子コンピューティングの可能性に対する現在の姿勢について説明します。このトピックをどの程度理解しているか、また、組織内でどのように活用する計画を立てているか。量子コンピューティングは、企業や業界のゲーム・チェンジャーとして認識されていますか。また、どのような場合に影響があると考えていますか。このレポートでは、現在と将来の両方のソリューションを活用して、デジタル時代にビジネスの重要な可動部分を繁栄させるために組織が実行できる手順について、推奨事項を提示しています。

主な発見

  • プロセス最適化は、デジタル時代の競争に不可欠です。
    ビジネスリーダーの81%は、ビジネスプロセスを最適化することで、デジタル変革に取り組み、変化の激しい市場で競争力を維持できると考えている。
  • 大多数の経営幹部は、デジタルアニーラを量子への橋渡しとなるソリューションとして使用することで、潜在的なメリットが得られると考えています。
    70%は、もしデジタルアニーラが量子速度の最適化計算を現在提供できれば、量子の未来への旅を加速できると信じている。

続きは、こちらからお読みいただけます

Is Business Ready to Make the Quantum Leap?
~企業は量子飛躍を遂げる準備ができているか?~

Digital Annealer サービス

「FUJITSU Digital Annealer クラウドサービス」「FUJITSU Digital Annealer オンプレミスサービス」
「FUJITSU Digital Annealer テクニカルサービス」の3つのサービスをご利用いただけます。

ページの先頭へ