富士通テクニカルレビュー2020年No.2

特集:データ駆動型社会を実現するデータ利活用テクノロジー
~飛躍的な豊かさと持続可能な成長をもたらすために~

デジタル化が加速し,グローバルなネットワークが社会・ビジネスの既存の境界を切り崩しつつある現在,データを利活用してデジタルトランスフォーメーション(DX)をいかにして実現するかが,すべての企業,組織,社会にとって最大の課題となっています。持続可能な成長と飛躍的豊かさをもたらすために,SDGs(Sustainable Development Goals),DFFT(Data Free Flow with Trust),Society5.0,Connected Industriesの取り組みが行われています。「データ駆動型社会」の実現がこうした課題解決の切り札であり,データ利活用テクノロジーの研究・開発がその実現のための原動力となります。
本特集では,データ駆動型社会を実現するデータ利活用テクノロジーの研究・開発と,社会実装のための富士通グループの取り組みをご紹介します。

その他の記事

富士通テクニカルレビューに関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ