ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは何が革新的なのか?

ブロックチェーンの特長

インターネット以来の革新技術ともいわれているブロックチェーン。その根拠は、大きく4つの特長をブロックチェーンが持っているからです。

高い透明性とトレーサビリティ

複数のノードが、共通の台帳を相互に直接通信しながら分散管理するため、 中央管理者に依存せずに、透明性と万一の際のトレーサビリティが担保可能です。

事実上、データは改ざん不可能

名称の由来でもある、トランザクションデータを格納したデータブロックをチェーン構造でつなぐアーキテクチャーにより、事実上改ざんが不可能な形でデータを保持します。

優れた耐障害性

分散するサーバそれぞれが同一のデータを保持しているため、一部のサーバがダウンしても、他のサーバでサービスを継続することが可能です。

取引の自動実行

契約内容をブロックチェーン上にプログラム化することで、執行機関に依存せずに、取引を着実かつ高速に実行することが可能です。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンの形態・種類

ビジネスユースに適したブロックチェーン:Hyperledger

ブロックチェーンにはパブリック型やプライベート型などの形態があり、ブロックチェーンに保管されているデータの正当性を担保する方法(コンセンサス)などが異なります。例えば、有名なフレームワークの1つであるBitcoinはパブリック型に当てはまります。

どの形態が優れているかということは一概に言えませんが、一般的にビジネスユースには、参加メンバーをある程度限定したネットワークが構築できるコンソーシアム型またはプライベート型が適しています。

ブロックチェーンの3つの形態

中でも富士通が注目するのは、Hyperledger Fabricと呼ばれるフレームワークです。Hyperledgerは他のフレームワークよりも、早い取引速度や、汎用的な開発言語が使用できるため、ビジネスとの親和性が高いのが特徴です。

この特徴に注目し、富士通のブロックチェーンサービスはHyperledgerをベースとして提供しています。

主要フレームワークの比較

ページの先頭へ