Global Fujitsu Distinguished Engineer

岩松 昇

メッセージ

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-Oのアーキテクト・開発責任者として国産クラウドの開発に従事。
クラウド・仮想化技術の研究者・開発者として、OpenStack, Ansible, Xenなどのオープンソース開発コミュニティへの貢献と自社クラウドの開発指揮、クラウド・自動化に関する社外講演を継続。

活動実績

  • FJcloud-Oのアーキテクト・開発責任者として、FJcloud-Oの技術を講演、富士通のプレゼンス向上に貢献
  • 富士通主催イベントFUJITSU TechTalkにて、クラウド技術紹介、クラウド自動化技術のハンズオン実習をを通してお客様と直接対話
  • FJcloud-Oで採用するオープンソースソフトウェアOpenStackやAnsibleの開発者として、オープンソース開発貢献と開発コミュニティに​​​​​​​おける講演を継続。
  • オープンソース仮想化ソフトウェアXen(FUJITSU S5で採用)の主要開発者の一人として世界初のUSB仮想化ドライバなどを開発。
    リリースノートやIT系Web記事にも掲載

価値創造

FJcloud-O(旧FJCS for OSS)第二世代クラウド基盤のアーキテクト、開発責任者として設計・開発を指揮

  • 2019 年度TS部門プロジェクト表彰優秀賞(筆頭)
    「FJCS for OSS基盤のメジャーアップグレードによる長期安定IaaS提供の実現」
  • FJCS for OSS 東日本第三、西日本第三リージョンリリース(2018年7月)
    2018年ソリューションビジネス業績プロジェクト表彰受賞(筆頭)

富士通研究所 主任研究員として富士通のクラウド研究を主導。複数事業部への技術移管達成。

  • デジタルビジネスPF事本: K5 Multi-AZ安定化設計、K5 構築自動化、K5ログ分析
  • ソフトPF事本: K5向けSotware-Defined Network(MidoNet)トラブルシュート技術開発、など

本件に関するお問い合わせ