FUJITSU Wayと浸透活動

富士通グループの理念・指針(FUJITSU Way)

FUJITSU Wayは、富士通グループが経営革新とグローバルな事業展開を推進していくうえで不可欠なグループ全体の求心力の基となる理念、価値観および社員一人ひとりがどのように行動すべきかの原理原則を示したものです。
富士通グループのすべての社員は、FUJITSU Wayを等しく共有し、日々の活動に反映させることで、企業価値の向上と国際社会・地域社会への貢献を目指していきます。
FUJITSU Wayには、その歩みを支えてきた歴代の経営層の思想や精神が凝縮されています。FUJITSU Wayの実践を通じて、お客様とともに様々な社会課題の解決に取り組み、持続可能なネットワーク社会の発展に貢献していくことが、富士通グループとしてのCSRであると考えています。

FUJITSU WayFUJITSU Way

FUJITSU Way浸透活動の推進体制と実施状況

2019 浸透活動関連図

富士通グループでは、FUJITSU Wayの確実な浸透を図るために、本部等の組織長や各グループ会社の社長がFUJITSU Way推進責任者を任命しています。FUJITSU Way推進責任者は、組織長や社長と協力し、全社員がFUJITSU Wayを共有するよう、各組織の特性に応じた浸透施策を展開しています。活動にあたっては、各組織の方針や目標とFUJITSU Wayとの関係を明確に示し、対話を通じて、日常業務の意義を理解できるようにしています。
2019年3月現在、富士通グループ国内外の子会社を含め、約270名のFUJITSU Way推進責任者が各組織において浸透活動を行っています。この各組織での活動状況は、海外を含めた年一回の調査で報告を受け、定期的に推進責任者間での情報共有を図っています。

新入社員向け教育

富士通では2018年4月、約950名の新入社員に対してFUJITSU Way研修を実施しました。国内グループ各社では、入社式などでFUJITSU Wayカードと解説書を配布し個社に応じた教育を実施しています。また中途採用者163名にも、計11回に分けて実施しています。

全社員向け浸透活動

FUJITSU Wayについて語る田中社長FUJITSU Wayについて語る田中社長

富士通グループでは、国内外の全社員にFUJITSU Wayカードと解説書を配布し、職場にはポスターを掲示しています。FUJITSU Way を解説したe-Learningは16言語に翻訳され、いつでも誰でも受講できるようになっています。また、電子版のFUJITSU Wayカードも提供し、FUJITSU Wayに続けて組織長のメッセージが記載できるため、社内ポータルサイトへの掲示など積極的に活用している組織も多数あります。
イントラネット上では、田中社長が自らの経験に基づきFUJITSU Wayの大切さを語るビデオメッセージを配信しています。現在、日本語を含め18言語で公開され、富士通グループが目指す姿、その実現に向け、全社員に期待される基本的な行動の理解、浸透を図っています。

推進責任者研修

FUJITSU Way推進責任者研修会の様子FUJITSU Way推進責任者研修会の様子

新たに任命された約40名の推進責任者に対し、社内の研修施設および展示施設にて計3回に分けて研修を実施しました。主な内容として、FUJITSU Wayの成り立ちや推進責任者としての役割について理解を深めるとともに、推進責任者が抱える職場での浸透活動の課題について、浸透事例等を踏まえながら、グループ単位で討議することによって、FUJITSU Wayに基づいた組織活性化のための施策の立案・検討を行いました。

ワークショップ

2018年度は、要請があった国内外グループ会社3社に対し、FUJITSU Way推進室のスタッフが訪問し、組織風土改善活動への取り組みを支援しました。社員満足度調査結果や事前のアンケートを基に、各社の経営層ならびに幹部社員とともに、職場の課題を明確化し、現実を直視し、特にFUJITSU Wayの行動指針の観点から改善活動を検討しました。

(国内)富士通エフ・アイ・ピー・システムズの研修の様子
(国内)富士通周辺機の研修会の様子
(海外)タイ Fujitsu Thailandの研修会の様子

国内外グループ会社でのワークショップの様子

2018年度の実績

  • 社員教育
    • 新入社員向け:新入社員約950名を対象に集合研修を実施
    • 中途採用者向け:163名を対象に11回に分けて実施
    • 全社員向け:e-Learningの実施
  • 推進責任者研修:3回
  • ワークショップ:3社
ページの先頭へ