5. パソコンと空調

空調とドライアイ

空調によるドライアイは作業時における疲労原因の1つに指摘されています。ドライアイとは涙の減少や質的な変化により、目が炎症を起こすことです。空気が乾燥している時や、エアコンの吹出口から出る風にさらされると、眼が乾いてドライアイや眼の疲れの原因になります。空気が埃やタバコの煙などで汚れていると、弱った目がさらに刺激され、症状がいっそう悪くなる恐れがあります。

空調と身体の痛みやコリ

エアコンの吹出口から出てくる冷たい風が直接身体に当たると、血液の循環が悪くなり、首、肩、腰などの痛みやコリが起こりやすくなります。

空調との付き合い方

パソコンを使う場合は、空気の乾燥やエアコンから吹いてくる風、部屋の冷やしすぎに注意が必要です。暑さや寒さは人によって感じ方が違います。適度に調節して、健康を損なわないようにしましょう。

  • 相対湿度は40~70パーセントになるようにし、乾燥している時には加湿器を使いましょう。
  • エアコンから吹いてくる冷たい風が身体に当たらないように、風の向きや強さをコントロールしましょう。
  • 夏は、部屋の温度を下げすぎないようにします(室内の温度は、17~28度を目安とする)。
  • 定期的に換気しましょう。

※本コンテンツを二次利用される際は、出典を記載して下さい(記載例:「出典:富士通株式会社」)