GTM-MML4VXJ
Skip to main content

モバイルテクノ

Japan

  1. ホーム >
  2. 主な保有技術 >
  3. 対外発表論文

対外発表論文

対外発表論文一覧
表題 著者 学会
論文集名
論文番号 発表
年月
Rate-adaptation Scheme for Multiband WLAN System

講演資料はこちら (776 KB/2018RTUWO.zip)
Masanori YOFUNE,
Masayuki SUTO,
Yasuharu AMEZAWA,
Shin-ichi SATO, 
2018 Advances in Wireless and Optical Communications (RTUWO'18)
2018年
11月
Experimental Evaluation of Adaptive Simultaneous Transmission Timing Control Considering Idle/Busy Probability for Multi-band Wireless LAN Naoto EGASHIRA,
Kazuto YANO,
Masayuki SUTOH,
Atsuhiko SUGITAN,
Yasuharu AMEZAWA,
Tomoaki KUMAGAI, 
2018 Asia-Pacific Microwave Conference(APMC 2018)
2018年
11月
複数周波数帯同時利用無線LANにおける920MHz帯利用に関する一検討(18TB0084) (332 KB)

講演資料はこちら (301 KB/2018S-B-19-9.zip)
夜船 誠致、
周東 雅之、
雨澤 泰治、
佐藤 慎一
2018信学ソ大 B-19-9 2018年
9月
複数無線経路を利用する高信頼低遅延無線方式における通信品質や利用率の影響に関する検討 (18TB0085) (351 KB)

講演資料はこちら (598 KB/2018S-B-19-8.zip)
鈴木 健太、
小島 力、
雨澤 泰治 
2018信学ソ大 B-19-8 2018年
9月
経路断またはレーダ検出時においても通信断が生じない無線マルチホップネットワーク(18TB0083) (511 KB)

講演資料はこちら (1.72 MB /2018S-B-18-12.zip)
高橋 弘樹、
熱田 隆、
落合 庸央
2018信学ソ大 B-18-12 2018年
9月
高信頼かつ低遅延な無線マルチホップネットワークを実現するリソース制御アルゴリズム(18TB0082) (500 KB)

講演資料はこちら (712 KB/2018S-B-18-11.zip)
熱田 隆、
高橋 弘樹、
落合 庸央
佐藤 慎一
2018信学ソ大 B-18-11 2018年
9月
隠れ端末問題に起因するシステム内干渉の見える化(18TB0039) (415 KB)
高橋 弘樹、
熱田 隆、
落合 庸央
2018信学総大 B-18-30 2018年
3月
マルチホップネットワークにおいてループを回避する優先方路決定アルゴリズム(18TB0038) (435 KB)
熱田 隆、
高橋 弘樹、
落合 庸央
2018信学総大 B-18-29 2018年
3月
複数周波数帯同時利用無線LAN におけるIR-HARQ 制御(18TB0037) (592 KB)
夜船 誠致、
薗部 聡司、
杉谷 敦彦、
雨澤 泰治、
佐藤 慎一
2018信学総大 B-5-133 2018年
3月
複数周波数帯同時利用無線LAN におけるプリアンブルフォーマットに関する一検討(18TB0036) (388 KB)
橋本 綾、
寺島 裕樹、
児玉 昭宣、
周東 雅之、
雨澤 泰治
佐藤 慎一
2018信学総大 B-5-132 2018年
3月
複数周波数帯同時利用無線LAN における信号検出の評価(18TB0035) (441 KB)
寺島 裕樹、
橋本 綾、
児玉 昭宣、
周東 雅之、
雨澤 泰治
佐藤 慎一
2018信学総大 B-5-131 2018年
3月
複数周波数帯同時伝送無線LAN試作装置の暗室内伝送実験評価 江頭 直人、
矢野 一人、
周東 雅之、
杉谷 敦彦、
雨澤 泰治
2018信学総大 B-5-129 2018年
3月
Low latency IR-HARQ for multiband WLAN system Masanori YOFUNE、
Satoshi SONOBE、
Atsuhiko SUGITANI、
Yasuharu AMEZAWA、
Shin-ichi SATO
IEICE Communications Express Vol.1, 1–6 2018年
3月
Low latency IR-HARQ scheme for WLAN system Masanori YOFUNE、
Satoshi SONOBE、
Atsuhiko SUGITANI、
Yasuharu AMEZAWA、
Shin-ichi SATO
2017 IEEE 13th Malaysian International Conference on Communications (MICC 2017)
2017年
11月
IR-HARQ scheme for multiband WLAN system
BestPaperAward(RTUWO2017) (444 KB)
Masanori YOFUNE、
Satoshi SONOBE、
Atsuhiko SUGITANI、
Yasuharu AMEZAWA、
Shin-ichi SATO
2017 Advances in Wireless and Optical Communications (RTUWO'17)
2017年
11月
複数の無線周波数帯同時利用時の誤り制御に関する一検討(17TB0028)
(487 KB)
夜船 誠致、
薗部 聡司、
杉谷 敦彦、
雨澤 泰治、
佐藤 慎一
2017信学総大 B-8-63 2017年
3月
複数周波数帯同時伝送による同期性能改善の検討 橋本 綾、
寺島 裕樹、
児玉 昭宣、
周東 雅之、
雨澤 泰治、
佐藤 慎一
江頭 直人
ウェバー ジュリアン
矢野 一人
塚本 悟司
熊谷 智明
2017信学総大 B-8-64 2017年
3月
Integrated Synchronization Scheme for WLAN Systems Employing Multiband Simultaneous Transmission Naoto EGASHIRA、
Kazuto YANO、
Satoshi TSUKAMOTO、
Julian WEBBER、
Masayuki SUTOH、
Yasuharu AMEZAWA
Tomoaki KUMAGAI
Wireless Communications and Networking Conference
2017年
3月
複数周波数帯同時利用時の屋内電波伝搬に関する検討(17GA0027) (3.00 MB ) 寺島 裕樹、
橋本 綾、
児玉 昭宣、
周東 雅之、
雨澤 泰治、
佐藤 慎一
信学技報 AP2016-193 2017年
3月
LAAにおけるHARQ-Ack/Nack送信に関する一検討 下村 剛史、
青木 寛、
山口 法夫、
田中 良紀
2016信学総大 B-5-68 2016年
3月
非同期型省電力メッシュネットワークを実現する経路構築手法 (803 KB) 逸見 健太、
熱田 隆、
池之内 崇行
2016信学総大 B-18-53 2016年
3月
自装置から送信した参照信号を用いるアレー素子間RF誤差および配置誤差キャリブレーション方式 (1.09 MB ) 江頭 直人、
雨澤 泰治
信学技報 RCS2015-301 2016年
1月
座標変換を用いたPAPR抑圧処理の検討 (443 KB) 吉田 正尭、
小泉 亮、
周東 雅之、
雨澤 泰治
2015信学ソ大 B-5-56 2015年
9月
Access Point Initiated Approach for Interfered Node Detection in 802.11 WLANs Hiroshi Fujita,
Kazuyuki Ozaki,
Yun Wen,
Yasuharu Amezawa,
Chikara Kojima and Hideyuki Kobayashi
IEEE VTC
2015-Spring
  2015年
5月
空間結合RA符号におけるLBP復号法の特性評価 (409 KB) 李 聡、
小島 力、
雨澤 泰治、
小金井 洋平
2015信学総大 A-6-2 2015年
3月
AWGN通信路における空間結合RA符号の特性評価 (550 KB) 小島 力、
李 聡、
雨澤 泰治、
小金井 洋平
2015信学総大 A-6-1 2015年
3月
Non-CSGフェムトセル基地局におけるカバレッジ制御の一検討 札場 伸和、
寺島裕樹、
中村 正、
関 宏之
2015信学総大 B-5-65 2015年
3月
アンライセンストバンドにおけるLTE/WiFi共存方法の検討 下村 剛史、
青木 寛、
山口 法夫、
中村 道春、
田中 良紀
2015信学総大 B-5-116 2015年
3月
ネットワーク主導型無線障害診断技術 藤田裕志、
尾崎一幸、
温 允、
雨澤 泰治
小島 力、
小林 英幸
信学技報 ASN2014-121 2015年
1月
8QAMシンボル座標の最適配置探索 小金井 洋平、
星田 剛司、
山下 昌、
小島 力、
雨澤 泰治
2014信学ソ大 B-10-55 2014年
9月
無線基地局向け複素ベースバンド信号圧縮方式の検討 (473 KB/A4, 1 page) 周東 雅之、
雨澤 泰治
2014信学総大 B-8-52 2014年
3月
共用周波数帯における異システム混在方式の選択制御の一検討 田島 喜晴、
下村 剛史、
関 宏之、
大野 智博、
小島 力、
雨澤 泰治
2014信学総大 B-17-46 2014年
3月
TVホワイトスペースにおける2次システム混在時の特性評価 田島 喜晴、
大山 哲平、
下村 剛史、
関 宏之、
大野 智博、
小島 力、
雨澤 泰治
2013信学ソ大 BS-8-1 2013年
9月
隠れ端末を考慮したアドホックルーティングの検討 (412 KB/A4, 1 page) 小島 力、
熱田 隆、
杉谷 敦彦
2012信学ソ大 B-20-21 2012年
9月
IEEE802.11における到達率に基づくCW制御アルゴリズム (306 KB/A4, 1 page) 熱田 隆、
小島 力、
杉谷 敦彦
2012信学ソ大 B-20-3 2012年
9月
ユーザ間干渉を考慮した下りリンクマルチユーザMIMO受信機の一検討 (161 KB/A4, 1 page) 小泉 亮、
周東 雅之
2012信学ソ大 B-5-25 2012年
9月
線形Precodingを用いるMU-MIMO-OFDMシステムにおける低演算量空間フィルタ (277 KB/A4, 1 page) 夜船 誠致、
江頭 直人、
周東 雅之
2012信学総大 B-5-151 2012年
3月
IDMAを適用した無線ネットワークコーディングによる周波数利用効率の向上 (163 KB/A4, 1 page) 小泉 亮、
雨澤 泰治、
周東 雅之
2011信学ソ大 B-5-133 2011年
9月
LTEにおけるFFRを用いたマクロ−フェムトセル間干渉制御 原田 佑哉、
木村 大、
占部 宏生、
戸倉 綾
2011信学総大 B-5-61 2011年
3月
モバイルアドホックネットワークの検討(1) -ネットワーク構築率とノード密度- 藤田 裕志、
加納 英夫、
小島 力
2009信学総大 B-21-15 2009年
3月
モバイルアドホックネットワークの検討(2)-パケット到達率- 加納英夫、
小島 力、
藤田裕志
2009信学総大 B-21-16 2009年
3月
モバイルアドホックネットワークの検討(3)-既存システムとの干渉評価- 小島 力、
加納英夫、
藤田 裕志
2009信学総大 B-21-17 2009年
3月
Evolved UTRA上りリンクにおけるMultiuser MIMOスケジューリング方式 木村 大、
周東 雅之、
下村 剛史、
関 宏之
2008信学総大 B-5-40 2008年
3月
LDPC符号化MIMO OFDMシステムにおけるSC/MMSEターボ等化適応繰り返し制御 江頭 直人、
杉谷 敦彦
信学技報 RCS2007
-158
2008年
1月
IEEE802.11nにおけるFIRフィルタ型位相雑音追従法の効果 亀田 玲奈、
薗部 聡司
2007信学ソ大 B-5-150 2007年
9月
IEEE802.11nにおける残留キャリア周波数誤差推定法の検討 薗部 聡司、
亀田 玲奈
2007信学ソ大 B-5-149 2007年
9月
IEEE802.11nに適した伝搬路推定法の検討 小泉 亮、
寺島 裕樹
2007信学ソ大 B-5-148 2007年
9月
IEEE802.11nにおける伝搬路トラッキング法の検討 寺島 裕樹、
小泉 亮
2007信学ソ大 B-5-147 2007年
9月
SC/MMSEターボ等化における残留干渉電力推定法の特性評価 江頭 直人、
杉谷 敦彦
2007信学ソ大 B-5-51 2007年
9月
IEEE802.16e準拠LDPC復号器開発(3)
~メモリ量削減・復号処理スループット向上~
伊賀 泰一郎、
小島 力、
杉谷 敦彦
2007信学総大 B-5-12 2007年
3月
Evolved UTRA上りリンクにおける送信電力制御方式の検討 木村 大、
武尾 幸次、
下村 剛史、
関 宏之
2007信学総大 B-5-57 2007年
3月
広帯域移動通信システム向けLDPC符号に関する一検討 杉谷 敦彦、
小島 力
信学技報 RCS2006
-159
2006年
11月
下りリンクEvolved UTRA OFDMAにおける伝搬路推定法の検討 小泉 亮、
前野 隆宏
2006信学ソ大 B-5-22 2006年
9月
IEEE802.16e準拠LDPC符号器開発 伊賀 泰一郎、
杉谷 敦彦
2006信学ソ大 B-5-65 2006年
9月
IEEE802.16e準拠LDPC復号器開発(1)
~復号及び量子化方法~
小島 力、
杉谷 敦彦
2006信学ソ大 B-5-66 2006年
9月
IEEE802.16e準拠LDPC復号器開発(2)
~回路構成~
高田 俊之、
杉谷 敦彦
2006信学ソ大 B-5-67 2006年
9月
IEEE802.16eにおけるHARQデータ割り当てに関する検討 占部 宏生、
周東 雅之、
武尾 幸次、
鈴木 秀削、
中村 道春
2006信学総大 B-5-21 2006年
3月
未使用サブキャリアが存在する場合のCI/OFDMのPAPR特性 小泉 亮、
前野 隆宏
2006信学総大 B-5-101 2006年
3月
IEEE802.16におけるPilot配置が伝搬路推定に与える影響 山下 昌、
周東 雅之、
武尾 幸次、
鈴木 秀削
中村 道春
2006信学総大 B-5-142 2006年
3月
UHF帯RFIDシステムにおけるリーダ干渉制御法 田中良紀、
二宮照尚、
小林英幸
2006信学総大 B-5-147 2006年
3月
MC-CDMAにおける符号間干渉を抑圧するサブキャリアインターリーブの制御情報削減に関する一検討 小泉 亮、
前野 隆宏
2005信学ソ大 B-5-56 2005年
9月
多値変調CI-OFDM方式のPAPR特性 小島 力、
薗部 聡司、
前野 隆宏
2005信学ソ大 B-5-76 2005年
9月
ピーククリッピング手法を適用したCI-OFDM方式のBER特性 薗部 聡司、
小島 力、
前野 隆宏
2005信学ソ大 B-5-77 2005年
9月
FFTブロック繰り返し送信を用いたOFDMシステム 岡本 高幸、
武尾 幸次、
中村 道春
2005信学総大 B-5-20 2005年
3月
ウェーブレットOFDMのマルチパスフェージング環境における特性評価 小泉 亮、
佐藤 慎一
2005信学総大 B-5-33 2005年
3月
ウェーブレット縮退を用いた伝搬路推定方法の検討 戸倉 綾、
佐藤 慎一
2005信学総大 B-5-118 2005年
3月
Pilot Zero Maskingによる伝搬路推定精度の向上策 小泉 亮、
佐藤 慎一
2004信学ソ大 B-5-36 2004年
9月
Channel Impulse Response Estimation for Frequency Domain Equalization on Single Carrier CDMA Mobile Radio Communications Yasuharu Amezawa,
Satoshi Sonobe,
Ryo Koizumi,
Noriaki Miyazaki and Toshinori Suzuki
WPMC2004   2004年
9月
OFDMシステムにおける周波数選択性フェージング環境下でのLDPC符号とターボ符号の性能比較 吉田 誠、
小島 力、
杉谷 敦彦
信学技報 RCS2004-76 2004年
6月
Laboratory Experiment of OFDM Transmission Using VLP and pre-FFT Equalizer over ISI Channels Makoto Yoshida,
Yasuharu Amezawa,
Satoshi Sonobc and Atsuhiko Sugitani
IEEE VTC
2004-Spring
  2004年
5月
IEEE802.11gベースWLANシステムにおけるSFBC-OFDM復号方式 岡本 高幸、
ウラジミール ボケー、
武尾 幸次
中村 道春
2004信学総大 B-5-71 2004年
3月
STBC-OFDM無線通信システムにおけるチャネル推定効果 清水澄子、
ウラジミール ボケ-、
武尾幸次、
中村道春
2004信学総大 B-5-72 2004年
3月
シングルキャリアCDMAセルラーシステムへの周波数等化適用の一検討(その2)
~シンボル間干渉発生時の伝送路推定改善の一検討~
宮崎功旭、 薗部聡司、
雨澤泰治、
鈴木利則
2004信学総大 B-5-153 2004年
3月
シングルキャリアCDMAセルラーシステムへの周波数等化適用の一検討(その3)
~シンボル間干渉発生時の雑音電力推定改善の一検討~
宮崎功旭、
小泉 亮、
薗部聡司、
鈴木利則
2004信学総大 B-5-154 2004年
3月
A Comparison of OFCDM and Segmented-OFDM in Broadband MIMO Downlink Channel Makoto Yoshida and Atsuhiko Sugitani IEEE WCNC 2004   2004年
3月
OFDM Transmission for ISI Channels Using Variable-Length Pilot Symbols and pre-FFT Equalizer with Enhanced MRC Diversity Reception Makoto Yoshida,
Eizou Ishizu,
Noboru Yamashita and Yasuharu Amezawa
IEEE Globecom 2003   2003年
12月
広帯域移動通信システム向け下りリンクOFDM多重方式の比較 吉田 誠、
杉谷 敦彦
信学技報 RCS2003-175 2003年
11月
SystemCのチャネルが処理時間に与える影響 戸倉 綾、
周東 雅之
2003信学ソ大 A-3-1 2003年
9月
UMLとSystemCを用いた設計手法の移動通信システムへの適用事例 周東 雅之、
戸倉 綾、
山下 智規
信学技法 VLD2003-5 2003年
5月
下り回線パケット伝送における適応変調/マルチコード数割当ての検討 武尾 幸次、
前野 隆宏、
関 宏之、
田中 良紀
2003信学総大 B-5-24 2003年
3月
pre-FFT等化型OFDM受信方式の提案(その1)
~パイロット可変GIおよび全時間領域信号処理等化器の構成~
吉田 誠
石津 英三、
山下 昌、
雨澤 泰治、
安井 豊
2003信学総大 B-5-97 2003年
3月
pre-FFT等化型OFDM受信方式の提案(その2)
~スタティックチャネルにおける特性評価~
石津 英三、
吉田 誠、
山下 昌、
雨澤 泰治、
安井 豊
2003信学総大 B-5-98 2003年
3月
pre-FFT等化型OFDM受信方式の提案(その3)
~レイリーフェージングチャネルにおける特性評価~
安井 豊、
吉田 誠、
石津 英三、
山下 昌、
雨澤 泰治
2003信学総大 B-5-99 2003年
3月
角度広がりがマルチビーム合成に与える影響 周東 雅之、
雨澤 泰治、
佐藤 慎一、
斎藤 直之、
岩松 隆則
2002信学ソ大 B-5-67 2002年
9月
DBFアンテナのビーム合成法に関する一検討 周東 雅之、
雨澤 泰治、
佐藤 慎一、
岩松 隆則
2002信学総大 B-5-49 2002年
3月
CDMAセクタビーム角度と上下回線での通信品質 武尾 幸次、
佐藤 慎一
2001信学ソ大 A-5-19 2001年
9月
ノイズの相関性を考慮したダイバーシチ合成法に関する一考察 周東 雅之、
雨澤 泰治、
佐藤 慎一、
岩松 隆則
2001信学ソ大 B-5-73 2001年
9月