GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ご紹介動画

病院様向けソリューション   |   診療所様向けソリューション
地域医療ネットワーク   |   健康情報ソリューション

地域医療ネットワーク

地域医療連携ネットワークを用いた診療所と病院の双方向連携事例紹介

 

icon-movie 再生時間:6分32秒


近畿大学病院様と、もりもと泌尿器科クリニック様では、地域医療連携ネットワークを用いてカルテ情報の参照や、症例検討での活用など、双方向連携を実施されています。診療所様向け電子カルテシステム「HOPE LifeMark-SX」を導入することで、これまで接続にかかっていた手間を解消し、スムーズな連携が実現いたしました。

 診療所様向け電子カルテシステム
 「HOPE LifeMark-SX」ご紹介



【FujitsuBrandChannel】
私たちとつなぐ未来「より安心な地域医療をともに」

 

icon-movie 再生時間:2分32秒


患者様はさまざまな医療機関にかかります。しかしそれらの情報はそれぞれの医療機関で-管理されており、とくに人口が減り高齢者も増えている地域において、安心な医療のため-に情報連携が必要です。
富士通は、旭川赤十字病院 牧野 憲一 病院長様とともに、地域医療連携システムに取り組み、安全な地域医療を支えています。北海道支社 ヘルスケア営業 利光 泰直のインタビューをベースとしたストーリーをご覧ください。



【地域医療ネットワーク】
「患者さんを中心とした医療の実現を目指して」

 

icon-movie 再生時間:3分23秒

Keyboard shortcuts for the player:
  • F: Fullscreen
  • Esc: Exit fullscreen
  • ↑: Volume up
  • ↓: Volume down
  • ←: 5 sec. back
  • →: 5 sec. forward
  • Space: Play/Pause
  • S: Subtitle On/Off

HumanBridge EHR ソリューションは、中核病院、診療所、介護施設など地域の複数の医療機関が個別に保持する診療情報、検査結果、医用画像、レポート情報などの患者の情報を、データセンターを中継してネットワーク経由でどの医療機関からも確認できるようにするものです。
富士通は、本サービスを国民一人ひとりの健康情報全般を統合する「PHR(Personal Health Record)」、さらには生活情報全般を統合する「PLR(Personal Life Record)」を実現するためのクラウド型のヘルスケアソリューションへの第一弾として位置づけています。

地域医療ネットワーク
HumanBridge EHR ソリューション (ヒューマンブリッジ イーエイチアール ソリューション)」ご紹介

 

ヘルスケアソリューションに関するお問い合わせ

icon-telephone 電話でのお問い合わせ(総合窓口)

0120-933-200 富士通コンタクトライン

受付時間 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

icon-form Webでのお問い合わせはこちら