GTM-MML4VXJ
Skip to main content

RIS(診断)
HOPE LifeMark-HX 生体検査ライブラリ
特長・メリット

電子カルテとマスタ・DB・フレームワーク統合

  • マスタを統合することにより二重入力がなくなります
  • データベースを統合することにより電子カルテと合わせたデータ利活用が可能です
  • 動作環境(フレームワーク)統合により電子カルテとの連携ではなく電子カルテの一機能として動作します

診療情報にいつでもアクセス可能

  • 電子カルテと統合しているのでインターフェース不要で容易に診療情報にアクセス可能
  • 患者プロファイル情報をRISから更新可能
  • 患者の当日診療予約をRISから簡単に確認可能

シェアNo.1のRIS機能はそのまま全て継承

  • これまでのRISシェアNo.1の機能をそのまま継承しており、電子カルテに付随する簡易RISではなく、本格的な放射線部門システムとして使用できます
  • モダリティ連携、PACS連携、従来までの各システム連携も実現してます
  • オプションで検像も追加可能です

DWH-BIと連携したデータ利活用

  • LifeMark-DWHを使い、照射録情報だけでなく、診療情報全体を含めた様々な統計・分析が可能です

特長・メリット|機能一覧動作環境

 

ヘルスケアソリューションに関するお問い合わせ

icon-telephone 電話でのお問い合わせ(総合窓口)

0120-933-200 富士通コンタクトライン

受付時間 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

icon-form Webでのお問い合わせはこちら