GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種/業務 >
  4. 文教 >
  5. ニュース & トピックス>
  6. 第4回情報戦略フォーラム開催レポート

第4回情報戦略フォーラム開催レポート

2012年8月21日(火曜日)、富士通本社(東京都港区)にて、「第4回情報戦略フォーラム」を開催しました。

開催概要

開催日時

2012年8月21日(火曜日) 13時0分~19時0分

会場

富士通本社   24階   大会議室

東京都港区東新橋1-5-2(汐留シティセンター)

対象

【対象者限定】
3研究会会員を中心とする大学・研究所の方々及び、文教関係者

参加人数

121名(大学研究関係55名、賛助会員66名)

主催

富士通株式会社

後援

3研究会

  • 国公立大学情報システム研究会(IS研)
  • サイエンティフィック・システム研究会(SS研)
  • 私立大学キャンパスシステム研究会(CS研)

講演内容

12時15分~

受付開始

13時0分 ~ 13時15分

挨拶


富士通(株)   執行役員常務   浦川   親章
東京電機大学   教授   齊藤   剛   氏(CS研会長)

13時15分 ~ 14時30分

基調講演


ソーシャルリーディング機能と著作権管理機能を備えた
理想の教科書「Todai-eTEXT」の開発とICTを用いた教育改革


東京大学   大学総合教育研究センター   特任教授   藤原   毅夫   氏

14時40分 ~ 16時0分

事例紹介


(事例1)学生の学習行動見える化に向けた新たな取り組み~学びログとは
横浜国立大学 情報基盤センター   教授   徐   浩源   氏

(事例2)理工学教育におけるジェネリックスキル育成の新たな取り組みとアセスメント
芝浦工業大学
システム理工学部 電子情報システム学科 教授   井上   雅裕   氏

(事例3)近未来の教育現場とは?
パワープレイス株式会社   常務取締役   濱村   道治   氏

16時10分 ~ 17時30分

パネルディスカッション


<テーマ>将来の教育・研究の場をデザインする

コーディネータ
九州大学   教授   村上   和彰 氏(SS研会長)
パネリスト
藤原   毅夫   氏(東京大学)
徐   浩源   氏(横浜国立大学)
井上   雅裕   氏(芝浦工業大学)
濱村   道治   氏(パワープレイス株式会社)
水本   好彦   氏(国立天文台))

17時30分 ~ 17時40分

閉会ご挨拶


長崎大学   教授   野崎   剛一   氏(IS研会長)

17時50分 ~ 19時0分

懇親会(情報交換会)

参加者の声

  • 場をどのように作るかというテーマに対して、具体的な実施内容を紹介していただけた。特にマネジメント層に教育の方法と工夫を理解してもらう上で意義がある。
  • 様々な立場、考え方の講師からICTを活用した教育実践例と問題点などを紹介、ディスカッションいただき良かった。とりわけパネルディスカッションが印象的で良かった。
  • 「将来の教育・研究の場をデザインする」というタイトルにひかれて参加したが、いろいろな側面からのアプローチで、具体性に富み、大変勉強になった。