GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. GLOVIA >
  4. 導入事例 >
  5. ネッフル株式会社様

次代の事業基盤としてシステムを整備。効率アップ、社員の士気向上に大きな成果。

このページの情報は、2007年に掲載されたものです。
最新情報は、GLOVIAトップページよりご覧ください。

ネッフル株式会社様 導入事例


静岡市を本拠地として、訪問販売を全国規模で展開しているネッフル様。女性に欠かせないファンデーションをはじめ、美しさや健康を保つための化粧品・健康食品、さらに保温力に優れたアンダーウェアなど、販売している商品は2,000アイテムにもおよぶ。それを全国23箇所に広がる販売会社から「ネッフルレディ」と呼ばれる販売員を通じ、14万人もの登録会員に販売している。

そのネッフル様で、販売管理の新たなシステム導入が行われた。単なる業務効率アップにとどまらず、社内改革や、さらに次の経営戦略を見すえた上での導入だという。その詳細を取材した。

[ 2007年12月21日掲載 ]

導入事例概要
業種: ファンデーション・ランジェリー・肌着・健康食品などの卸売業
ソリューション: 販売管理システム
製品: GLOVIA smart 販売 FMMAX
課題と効果
1 従来から使用している販売管理システムが旧態化した。 カスタマイズ型パッケージソリューション
GLOVIA smart 販売 FMMAX により解決。
2 経営指標の策定や商品企画に、販売データを活用したい。
3 社内の人的リソースを生産的な業務へ移行させたい。
4 アウトソーシングする配送業務部門と連携したい。
5 単一品番による管理など、従来からの美点は踏襲したい。

導入の背景

社内を改革し、意識を変える、ひとつの手段として

上條 和也
ネッフル株式会社
事業統括本部
取締役部長

「この状況を変えないといけない、と思いました」と語るのは、事業統括本部 取締役部長の上條和也氏。4年前に現職に就き、国内の統括を担当するようになったとき、社内の様子を見てそう思ったそうだ。ネッフル様の創立は1979年。以来、全国をはじめ海外へも順調に業績を伸ばし、特に国内では安定した業績を維持していた。しかし、「お客様からの注文に応じて商品を発送する。それが毎日の仕事のすべてになっていたようでした」と上條氏が語るように、変化や改善に対する意識のあまり見られない職場になっていた。さらに上條氏を困惑させたのが、1979年から使い続けてきた従来のシステムだ。受注や出荷指示などに利用されていたが、「過去の実績を参照しようとしても、なかなか思うようにできないのです。3カ月以上前のデータはバックアップMDを開かないと見ることができなかったり。これでは商品企画や発注などで、機動的な経営は行えません」(上條氏)。

そこで上條氏は、大胆な社内改革に乗り出した。まず考えたのは配送業務をアウトソーシング化し、社員をルーティン的な業務から解放する。それに連動して販売管理システムをリニューアルする。これらによって社員の時間や意識を商品企画などのより生産的な業務へ向かわせるようにし向けることを考えた。社内環境を変えることで、社員ひとり一人に改善や変革の意識をもってもらいたい、というものだった。

「ただし、いきなりすべてを変えるのは社員も戸惑うと思いました。まず最初はグループウェアを導入し、社員全員にITの環境に慣れてもらい、次にシステムを整備、最後にアウトソーシングへの移行と、それぞれ1年程度のタームで行う、そんなプランを考えていました」(上條氏)。当初、新システム構築は別の業者に構築を打診したのだが、上條氏が考えるスケジュールと予算では不可能ということが分かった。そこで浮上してきたのが富士通の「GLOVIA smart 販売 FMMAX 」だった。

従来からの特徴:単一品番による管理をそのまま踏襲

杉山 靖卓
ネッフル株式会社
物流兼
システム推進室
係長

「当社では、単一品番で各商品を管理していました。これは、従来システムから行っていたものです」と、物流兼システム推進室 係長の杉山靖卓氏が商品管理の特徴について説明してくれた。例えばアンダーシャツひとつとってもM、L、LLなどのサイズがあり、さらに色の違う製品もある。通常であれば、ひとつの商品番号にサイズや色の枝番を付加していくのだが、それでは受注の際の聞き間違えなどで違う商品を手配してしまう可能性がある。そこでネッフルでは全商品のサイズごと、色ごとに番号を付加し、それをそのまま注文番号としている。確実な顧客対応のための知恵で、いわば同社の伝統のようなものだ。

当然のように、この管理手法が新システムでも踏襲されることになった。「販売管理ではあまりないやり方かもしれませんが、GLOVIA smart 販売 FMMAXで、難なく対応していただけました。富士通はさまざまな業界、業種でのノウハウがあるようで、私たちの要求にもスムーズに迅速に対応してくれました」と杉山氏。

また、本稼働前の仮稼動の時点で社内のスタッフに動作状況を確認してもらい、実際の業務に活用できるよう細かな点まで修正を行った。「新しいシステムにするからといって、現場の作業スタイルを変えてしまうようなものにはしたくありませんでした。これまでの作業と変わらず、さらに効率が良くなるようなシステムにしたかったのです。そこで、『受注入力する際に現在庫の数量も一緒に確認できるといい』『この帳票は画面の右に出るより左の方が作業しやすい』といった現場の要求を吸い上げて、ひとつひとつ修正を重ねていきました」(杉山氏)。

また、システム切替えにあたっては約1カ月間、旧システムと新システムを並行稼動したそうだ。「そのおかげで一日も出荷を止めることなく新システムに移行できました。富士通の方には感謝しています」と杉山氏は語る。

システムの概要としては図のとおりである。

導入の効果

「見える」ようになったデータが、社内を活気づける

「受注の際、当社では同時に紙にも出力して内容をチェックしているのですが、従来のシステムではこの作業に最大で5人は必要でした。これが導入後は3人でも難なくこなせるようになりました」と、杉山氏は導入後の効果を語る。画面表示をはじめ、細かな部分までシステムを煮詰めた成果が表れたといえるだろう。

また、新システムではデータのCSV出力やPDFによる出力も可能になった。これによって、データ活用の意識が高まったと杉山氏は言う。「あの商品は何年、何月にはどのくらい出荷したのかとか、あるいはデータの中のこの部分だけを抜き出してみてみようとか。すべてExcelで簡単に加工できますから、欲しいデータがすぐに得られます」(杉山氏)。

上條氏も続けて「これこそ、私が欲しかった環境なのです」と語る。例えば発注をかける際、“この商品はこれまでこのくらい発注していたから”という経験則で行っていた。それが正確な販売データを参考にしながら、より精度の高い発注を行うことができるようになったそうだ。また衣類は細身に作られた商品とゆったりと作られたものでは、注文されるサイズが微妙に異なる。細身のものではLLが多くても、ゆったりめのものはLが多くなる。そうした細かな動向も今回のシステムで、データが活用されるようになってから判明したそうだ。このように、これまでは見えなかった商品の動きが、データとして見えるようになった。「こうして蓄積されたデータを、商品企画などにももっと積極的に活用して、新しく価値ある商品をお客様にもっと提案していきたいと考えています」と上條氏は意気込む。

加えて、受注、在庫管理、配送など各部署間のデータ共有がいっそう促進された。受注画面で在庫確認できるようにするなど、細かい部分まで作り込んだことにより、他部署の動向がシステム上で把握できるようになった。こうしたことにより、「受注スタッフが在庫が少なくなっていることに気付いて仕入スタッフに声をかけるなど、細かなことにひとり一人の社員が気付き、動くようになってきたと思います」と上條氏。各部署間の連携の大切さに社員が気付き、リーダーのミーティングを開くようになったなど、変革や改善の機運が社内で高まっているそうだ。当初の目的通りの効果を、新システムは発揮しはじめているといえる。

今後の展開

ゆくゆくは、一人ひとりの顧客の動向まで見えるように

「今回のシステム導入は、まだほんの序章でしかないと思っています。本当の勝負はこれからです」と上條氏は目を輝かせる。「今回のシステムで入荷から出荷までのモノの動き、カネの動きは見えるようになりました。しかし、そこから先がまだぜんぜん見えないのです。販売会社からネッフルレディ、会員そして新たなお客様、その間の商品の流れをつかみ、何らかの施策を打っていこうと考えています」。

これからの時代は、細かな情報が不可欠。どの顧客が、どんな商品を、いつ買ったのか。それら情報をもとにして新たな商品を企画し、よりよいサービスを顧客に提供していく必要がある。それを視野に入れて今回の新システムや配送業務のアウトソーシングの体制を整備したという。将来的にはこの体制を基盤として、仕入れ先からネッフル、23の販売会社、会員を含め14万人のネッフルレディ、すべてネットワークする壮大なシステムへと発展を遂げるはずだ。

ネッフルのような訪問販売のスタイルは、共働き世帯の増加やプライバシー尊重の風潮が高まる今、思うように展開できない部分もあるという。さらに、テレビやインターネットなどによる通信販売業界からの攻勢も強まっている。こうした中でも勝ち残るために、ネッフル改革と前進をこれからも続けていくことだろう。

【ネッフル株式会社様 会社概要】

所在地 静岡県静岡市葵区南沼上一丁目7番8号
代表取締役社長 上條 寿也
設立 1979年(昭和54年)5月
資本金 3014万円
売上高 26億円
従業員数 39名(国内)
事業内容 ファンデーション・ランジェリー・肌着・健康衣料・健康食品・ヘアウィッグの卸売
ホームページ ネッフル株式会社 ホームページ

【ご紹介した商品】

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

お気軽にお問い合わせください

GLOVIA smart FMMAXのお問い合わせ & 資料ご請求

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-MSQ9BB