GTM-MML4VXJ
Skip to main content

UltraSPARC T2 Plus /T2/T1プロセッサの信頼性

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。


関連製品:SPARC Enterprise T5440, T5240, T5140, T5220, T5120, T2000(), T1000()


UltraSPARC T2 Plus /T2/T1プロセッサは、高いRAS(信頼性、可用性、保守性)機能を提供します。

1次キャッシュメモリはパリティ、2次キャッシュメモリとレジスタはECCでデータを保護しています。
訂正可能なエラーが多発した場合、コア単位でシステムから切り離し、訂正不可能なエラーの発生を未然に防止します。

UltraSPARC T2 Plus /T2/T1を搭載したSPARC Enterpriseは、信頼性の高いシステムをお客様に提供いたします。

表:UltraSPARC T2 Plus /T2/T1のRAS機能
  エラー検出 エラー訂正
1次キャッシュメモリ パリティ リトライ
2次キャッシュメモリ ECC ECC
レジスタ ECC ECC

高度なRAS機能により業務継続性を向上

キャッシュメモリのデータ保護

キャッシュメモリは特に集積度が高いため、ソフトエラー(注1)の影響を受けない様、 特に重点的にデータ保護機能を装備しています。

1次キャッシュメモリはパリティ、2次キャッシュメモリはECCで保護されています。1次キャッシュメモリで1bitエラーが発生すると、2次キャッシュメモリから再度データを読み出し、処理を継続します。

さらに、訂正可能なエラーが多発すると、コア単位でシステムから切り離し、訂正不可能なエラーの発生を未然に防止します。

注1:ソフトエラーとは、ハードウェア的には全く問題無い状態でありながら、 外部からの放射線などの影響により、一時的にデーターエラーが発生する現象です。

レジスタのデータ保護

プロセッサ内の整数レジスタ、浮動小数点レジスタなどのレジスタ類をECCで保護し、信頼性向上を実現しています。

注:SPARC Enterprise T2000,T1000は、2009年10月をもって販売を終了いたしました。