GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Server PRIMEQUEST 3000シリーズ Windows Server 2019 留意事項

[ 2019年4月3日更新 ]

Windows Server 2019 留意事項

マイクロソフト社より公開されている最新の累積的な更新プログラムを適用してください。

対象機器 留意事項 最終
更新日
PRIMEQUEST
(サーバ本体)
Windows Server 2019をお使いになる場合、インストール時はHyper-Threadingを無効にしてください。 2019年
4月3日
PRIMEQUEST
(サーバ本体)
Windows Serverにてセキュリティチップ機能は確認中です。
確認が完了するまでは、セキュリティチップ機能を無効にしてください。
2019年
4月3日
PRIMEQUEST
(サーバ本体)
PRIMEQUESTは、Windows Server 2016からの新機能である「記憶域スペースダイレクト」をサポートしておりません。 2019年
4月3日
PRIMEQUEST
(サーバ本体)
QConverge Console CLI がインストールされいる場合、 Windowsシステム起動時に以下のメッセージがシステムイベントログに出力されます。

システムイベントログの出力例
Event ID 121 (Warning)
The firewall exception to allow Internet Storage Name Server (iSNS) client functionality is not enabled. iSNS client functionality is not available.
2019年
4月3日
PRIMEQUEST
(サーバ本体)
CPUの高負荷時に、Windowsのイベントログに以下のエラーが記録される場合があります。

ログの名前:System
ソース:IPMIDRV
イベントID:1004
説明:IPMI デバイス ドライバーは、通常の動作状態で IPMI BMC デバイスと通信しようとしましたが、 タイムアウトしたために通信に失敗しました。
IPMI デバイス ドライバーに関連付けられたタイムアウト時間は長くすることができます。
本現象はタイムアウトを延長することで回避できます。

●タイムアウトを延長する方法
レジストリ サブキー

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ CurrentControlSet\Control\IPMI

に、 以下のエントリを設定します。

値の名前:CommandWaitTimeoutPeriod
値の種類:REG_DWORD
値のデータ(16進数):3938700
2019年
4月3日
PRIMEQUEST
(サーバ本体)
Windows 起動時に障害が発生すると、Windows RE(回復画面)が起動される場合があります。 回復画面が起動されたら「続行」を選択して再起動してください。 なお、回復画面の起動は、REagentC.exe /disable コマンドにより抑止できます。
詳細は「REAgentCのコマンドラインオプション」を参照してください。
2019年
4月3日
PRIMEQUEST
(サーバ本体)
OS起動時に、Windowsのイベントログに以下のエラーが記録される場合があります。

  • ログの名前:System
  • ソース:DriverFrameworks-UserMode
  • イベントID:10114
  • 説明:WUDFPf サービスが見つからなかったため、 UMDF リフレクターは起動を完了できませんでした。 このサービスは後で Windows を起動するときに、 このデバイスを起動しようとした時点で開始される可能性があります。

  • ログの名前:System
  • ソース:Kernel-PNP
  • イベントID:219
  • 説明:デバイス SWD\WPDBUSENUM\_??_USBSTOR#Disk&~ のドライバー \Driver\WudfRd を読み込めませんでした。

  • ※(注)「~」は任意のデバイス名を表す文字列の一部です。

デバイスマネージャー上で警告表示が無い場合には、このイベントが記録されたことによる動作上の問題はありません。
詳細は「デバイスが Windows ベースのシステムに接続されているときにイベント ID 219 が記録されます」 を参照してください。
2019年
4月3日
PRIMEQUEST
(サーバ本体)
起動時にWindowsのイベントログに以下のエラーが記録される場合があります。
ログの名前:System
ソース:Application Popup
イベントID:56
イベントログ内容:ドライバー PCI は、子デバイス (xxx) に無効な ID を返しました。
このイベントログが記録されたことによる動作上の問題はありません。
2019年
4月3日

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)