PRESS RELEASE

2020年4月15日
株式会社富士通エフサス

大阪府枚方市様に「TIME CREATOR(タイムクリエイター)」を導入
「PCシャットダウン機能」により、職員の働き方改革を促進

大阪府枚方市様(市長:伏見 隆様、以下、枚方市様)が、「FUJITSU Software TIME CREATOR(以下、TIME CREATOR)」を導入し、1月27日より運用を開始しました。枚方市様では、平成31年4月から施行された働き方改革関連法を踏まえ、長時間労働の縮減に向けた取り組みの実践など、職員の「働き方改革」を積極的に推進されています。

今般、その取り組みの一環として、当社の「TIME CREATOR」を採用し、時間外勤務の事前申請がない利用者のパソコンをシャットダウンするシステムを導入することで、職員一人ひとりの時間に対する意識改革と生産性向上を図ります。当システムは枚方市様の既存の勤怠管理システム(公共団体向けソリューション「FUJITSU 自治体ソリューション IPKNOWLEDGE 庶務事務V3」)と連携しており、従来の時間外勤務申請の運用を変えることなく活用が可能です。

当社は今後も自社実践から得た知見や多くの導入実績から学んだノウハウを活かし、ICTを活用した新たな働き方をご提案してまいります。

背景

自治体においては、職員の減少、新たな政策への対応、住民サービスを優先し自主的に残業する風潮などの要因から長時間労働の傾向にあり、その解消は民間企業以上に困難と言われています。長時間労働は生産性の低下、職員の健康への影響、生活の質の低下につながることから、持続的な住民サービスを提供するために、削減に向けた対策は多くの自治体で喫緊の課題となっています。

枚方市様では、このような課題を解決すべく、今般、当社が提供する「TIME CREATOR」を導入いただきました。「本システムの導入を契機にメリハリのある時間の使い方を習慣づけ、仕事とプライベート両面の充実を図ってほしい」との思いのもと、本システムの導入を含む長時間労働の縮減に向けた各取り組みにより、令和2年度以降における時間外勤務時間数及び手当額を前年度対比で10%超の縮減効果を目指されています。

導入システム

  • 商品名:
    FUJITSU Software TIME CREATOR
  • 特 長:
    所定時間外の残業申請ワークフローと申請時間外のパソコン利用抑止からなる「残業抑止機能」をもつソフトウェア
  • 詳 細:

枚方市様 ご利用イメージ

勤務開始前1時間及び勤務終了後30分以降は所属長への時間外勤務の事前申請・承認がなければ、原則パソコンを使用できず、勤務終了30分後から5分毎にパソコン画面に警告表示がなされ、3回目表示後に自動でシャットダウンされる仕組みです。時間外勤務の申請は、既存勤怠管理システムと連携させることで従来の運用を変えずに行うことができ、職員に新たな負荷をかけることなく、適時・適切な勤務実態の確認が可能となります。さらに職員間の業務バランス調整や時間外勤務の必要性の精査などの効果も期待されています。

枚方市様 ご利用イメージ

枚方市様 概要

大阪府北河内地域に位置する枚方市(ひらかたし)様は、人口は約40万人(2020年2月時点)で、西に淀川が流れ、東には緑豊かな生駒山系の山々を擁する中核市。市名を「まいかた」と読み間違えられることが多く、「マイカタちゃいます、ひらかたです。」「住んでくれるなら、マイカタでもいい。」といったユニークなメッセージを発信し、市の活性化を図っています。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

以上

本件に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。