PRESS RELEASE

2019年12月26日
株式会社富士通エフサス

Power Platform・Cognitive Services向け技術支援サービスの提供を開始
業務プロセスのデジタル化を迅速・継続的に支援

当社は日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のAzure Cognitive Services注1やPower Platform注2を利用するお客様に対して、アドバイザリ、開発支援、トレーニングやQA対応、仕様変更に伴うアプリケーションの改修支援などをパッケージ化した月額定額・チケット制の技術支援サービス「FUJITSU Managed Infrastructure Service コミュニケーション基盤LCMサービス Power Platform・Cognitive Services活用支援」を提供します。

背景

デジタルトランスフォーメーションが進むビジネス環境や現場のニーズ、機能アップデートやエンハンスが日々行われるクラウドサービスなど、ビジネスを取り巻く環境変化が加速し、お客様や現場のニーズは日々変化しています。従来型のシステムインインテグレーションサービス(ウォーターフォール型)では、要件定義を実施して、納品物と一緒に必要な機能構築を一括提供することが一般的でしたが、日々変化していくお客様のニーズにお応えすることが難しくなっていました。

日本マイクロソフトが提供する「Power Platform」はローコーディングでアプリケーションを開発することができ、業務効率化を迅速に実現することが可能です。 また、「Azure Cognitive Services」は多彩なAIサービスをWeb API形式にて提供するクラウドサービスで、マイクロソフトが構築した学習モデルを使うため、学習モデルの構築や学習データの準備が不要です。当社は、これらの業務効率化を迅速に実現できるクラウドサービスの利用を前提に、導入・保守フェーズで必要となる技術支援を一体型のサービスとして提供します。また、月額定額・チケット制で提供することで継続的にお客様の業務プロセスのデジタル化を支援いたします。

本サービスの概要

  • Power Platform、Azure Cognitive Servicesを利用するお客様に対して、アドバイザリや開発支援、トレーニングやQA対応、仕様変更に伴うアプリケーションの改修支援などをパッケージ化した技術支援サービスです。
  • 「アプリケーションを作成したいが、どうすればよいかわからない。」というお客様から「Office 365やMicrosoft Teamsなど、外部サービスとの連携アプリケーションを利用したい。」というお客様まで当社ノウハウを通じてサポートが可能です。
  • 月額定額・チケット制でサービス提供することでお客様を継続的にサポート、必要なタイミングで必要な技術支援を提供します。なお、お客様専任エンジニアが継続的にサポートを行い、一貫性のあるサービス提供が可能です。

サービスの特徴

  • 導入・保守フェーズ一体型
    アドバイザリや開発支援、トレーニングやQA対応、仕様変更に伴うアプリの改修支援など、導入・保守フェーズ一体型で提供することで、最初から最後まで一貫したサービス提供が可能です。
  • サブスクリプション型モデル
    クラウドサービス同様、月額定額モデルにてサービス提供することで、お客様専任エンジニアによるサポートなど、継続的な技術支援を実現します。
  • スモールスタート、スパイラル型開発
    段階的に要件を具体化していくことで、スピーディーに業務を効率化。ニーズ変化にも柔軟に対応します。
  • チケット制
    納品物を前提とした従来型の手法ではなく、チケット制を採用することで、必要な機能構築を必要な時にご支援します。

サービス内容

サービス内容

販売価格

プラン 契約期間 チケット数 月額(総額) 付帯サービス
Expressプラン 3か月 24チケット 200,000円 (600,000円) サービスマネジメント
月次レポート×3回
Standardプラン 1年 100チケット 200,000円 (2,400,000円) サービスマネジメント
月次レポート×12回
  • 表示価格は全て税抜き価格です。
  • Expressプランは、初回お試し用です。一法人につき一度のご利用に限らせていただきます。
  • Standardプランにはチケット追加購入用のオプションサービスがあります。

<提供機能>

アドバイザリ 開発・導入支援 トレーニング QA 仕様変更支援 サービスマネジメント
・レポーティング
Expressプラン
Standardプラン
必要チケット数
(目安)
個別見積 個別見積 20チケット~ 2チケット/件~ 個別見積 不要

日本マイクロソフト株式会社のコメント

日本マイクロソフトは富士通エフサス様の「FUJITSU Managed Infrastructure Service コミュニケーション基盤LCMサービス Power Platform・Cognitive Services活用支援」 の提供開始を歓迎いたします。「Power Platform」はローコーディングでアプリケーション開発が可能ですが、お客様の業務効率化を迅速に対応して頂くためには継続的な開発が不可欠です。富士通エフサス様においてサブスクリプション型でお客様の業務に寄り沿いながら継続にご支援頂くモデルはカスタマーサクセスの観点でも重要な要素と考えております。今後も日本マイクロソフトは富士通エフサス様と共にお客様のビジネスの成功に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 パートナービジネス統括本部
統括本部長 安藤 浩

商標について

  • Microsoft、Azure、Power Apps、Power BIは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標 または商標です。
  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

  • 注1
    :多彩なAIサービスをWeb API形式で提供するクラウドサービス。マイクロソフトが構築した学習モデルを使用でき、学習モデルの構築や学習データの準備が不要
  • 注2
    :Power Apps、Power Automate、Power BI でデータの収集から解析・予測までローコーディングで実現するプラットフォーム

関連リンク

以上

本件に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。