PRESS RELEASE

2018年9月21日
株式会社富士通エフサス

大原櫻子さんが時計うさぎに変身!?働き方を見える化する
「TIME CREATOR」TV-CMを9月26日(水)より放映開始!

当社はこのほど、女優、シンガーである大原櫻子さんを起用した「FUJITSU Software TIME CREATOR(以下、TIME CREATOR)」のTV-CM「時計うさぎ篇」を制作し、9月26日(水曜日)より順次全国で放映いたします。

「TIME CREATOR」は、定時前の残業申請や未申請時のPCシャットダウン機能などの「残業抑止」を目的とした機能に加え、PCの操作ログをベースに、業務内容を見える化する「働き方可視化」機能を備えた自社開発のソフトウェアです。

本作品は、大原櫻子さんが、「TIME CREATOR」の化身として時計うさぎの姿で現れ、社員一人ひとりの働き方を可視化していくことで、時間意識の向上と自発的な業務の効率化を促し、職場を元気にしていくストーリー展開です。地上波での放映は30秒ですが、YouTubeではロングバージョンも公開していますので、是非ご覧ください。またあわせて、本CMの世界観をそのままに表現した新聞広告、各種交通広告も順次展開してまいります。

  • TIME CREATOR「時計うさぎ篇」
  • TIME CREATOR「時計うさぎ篇」

CMの見どころ

「TIME CREATOR」の化身として時計うさぎに扮した大原櫻子さんが、魔法の時計を手に、いろいろな社員の一日の業務を可視化していきながら、働き方改革を促し、職場を元気にしていく姿が本CMの見どころです。今回は、3rdアルバム「Enjoy」の楽曲「Joy & Joy」を使用しています。

本CMは、オフィスで働く社員のPC画面から、突如大原櫻子さんが現れ、時計うさぎに変身するシーンからはじまります。魔法の時計を手に、オフィスを歩く大原さん。いろいろな社員のそばで時計をかざすと、その社員の一日の業務内容が見えてきます。そこで大原さんが『その働き方、変えられるかも!』と一言。資料づくりに時間がかかっていた社員や、1日電話に追われていた社員など、それぞれが働き方を変えていくことで新たに生み出された時間を有意義に活用しているシーンが時計の中に浮かび上がります。

最後に時計うさぎの変身を解き、『いい時間、つくろうね』と帰っていく大原さんの姿にも注目です。

撮影エピソード

本作品の撮影は、5月に移転したばかりの当社大崎本社にて行われました。平日の撮影ということもあり、多くの社員がテレワークを行い、撮影スペースを確保、またエキストラの大半も当社社員です。たくさんのスタッフや初めて見る大がかりな撮影機材を前に緊張する社員が多い中、時計うさぎの姿で現場に登場した大原さんの可愛らしい姿とその笑顔に、社員一同も和み、楽しく撮影を終えることができました。撮影終了時には、社長からの花束贈呈とともにフロア中に沸き上がった社員からの拍手に大変喜んで下さった大原さんの姿が印象的でした。

  • 撮影風景
  • 撮影風景
  • 撮影風景
  • 撮影風景

大原櫻子さんのコメント

今回は、私が“ウサギ”になって「TIME CREATOR」の魅力をお伝えしました。
撮影は、実際に富士通エフサスさんの社員の方々と一緒に行って、皆さんと緊張感を味わいながら楽しく撮影ができました。忙しい日々を送っている皆様、是非「うさくらこ」の話を聞いていただけると嬉しいです!

≪大原櫻子さんのプロフィール≫

1996年生まれ 22歳。2013年 映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、スクリーン&CD同時デビュー。2014年 には女優として「日本映画批評家大賞 "新人賞"」、シンガーとして「第56回輝く!日本レコード大賞"新人賞"」をダブル受賞。2015年 第93回全国高等学校サッカー選手権大会の応援歌を担当し、同年第66回NHK紅白歌合戦に紅組トップバッターで出場。現在、「ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 Produced by TBS」に出演中。その他、ドラマ、映画等にも多数出演。公式インスタグラムのフォロワー数は120万人を超え、若い世代に絶大な人気を誇る。

CM概要

タイトル : TIME CREATOR「時計うさぎ篇」
放映開始日 : 2018年9月26日(水)から順次放送
放映地域 : 全国
URL 富士通エフサス 公式YouTubeチャンネル

制作スタッフ

クリエイティブディレクター : 高根 等(読売広告社)
プランナー : 小原 裕美子(読売広告社)
コピーライター : 稲富 治男、久武 正直
キャスティング : 村井 俊彦、早川茜(読広キャスティング&エンタテインメント)
プロデューサー : 今野 髙志(読広クリエイティブスタジオ)
制作 : 菅原 彰太(読広クリエイティブスタジオ)
演出 : 丹羽 貴幸
撮影 : 井村 宣昭
照明 : 慶野 幸司
ヘアメイク(大原さん) : 木内 真奈美(オティエ)
スタイリスト(大原さん) : 佐藤 和佳
音楽 : 大原 櫻子

ストーリーボード

「時計うさぎ篇」(30秒)

  • TIME CREATOR「時計うさぎ篇」

本件に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。