PRESS RELEASE

2014年10月30日
株式会社富士通エフサス

ウォッチガードとセキュリティ分野で協業高性能かつ豊富な品揃えを誇るNGFW/UTM製品により、「入口対策」を強化

当社は、このほどウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、社長執行役員:根岸正人、以下、ウォッチガード)と、セキュリティ分野において協業いたします。

具体的には、当社は、定評あるセキュリティアプライアンスである同社のNGFW(注1)/UTM(注2)製品の販売に関し、一次販売代理店契約を締結するとともに、これらを活用した新しい運用サービスを開始します。

同社のNGFW/UTMは、不正アクセス防止および最新の標的型攻撃対策に関する機能を実装した高性能なもので、さらに低価格の小規模ネットワーク向け製品、無線LANアクセスポイントもラインナップしています。

当社は、これらを「富士通エフサス セキュリティソリューション」に組み込むことで、入口対策を強化し、特に多店舗・複数拠点に展開するお客様、無線LAN環境を保有するお客様に対し、最適なセキュリティ環境を実現してまいります。

近年、標的型攻撃をはじめ、内部・外部からの不正なアクセスにより、データの流出や業務停止を引き起こすサイバー攻撃が、企業にとって大きな脅威となっています。

当社は、こうした脅威に対し、従来より「富士通エフサス セキュリティソリューション」として、現状評価、セキュリティポリシーの策定から、セキュリティシステムの構築、運用まで、トータルにサービスを提供しておりますが、このほどウォッチガードのNGFW/UTMを同ソリューションに新たに組み込み、これら製品とともに運用サービスを提供いたします。

同社のNGFW/UTMは、不正アクセス防止および最新の標的型攻撃対策に関する機能を実装した高性能なもので、さらに低価格の小規模ネットワーク向け製品、無線LANアクセスポイントをラインナップしています。これらにより、「富士通エフサス セキュリティソリューション」の「入口対策」を拡充し、主に多店舗・複数拠点に展開するお客様や無線LAN環境を保有するお客様のネットワークセグメントやエリア単位のセキュリティ、および近年増加している無線LAN環境のゲートウェイセキュリティを強化します。

これにより、当社が得意とするインフラ構築に加え、ゲートウェイ製品のセキュリティ運用もあわせた包括的なサービスを提供することで、情報システム部門の負荷軽減を図るとともに、よりきめ細かいセキュアな環境を実現します。

「富士通エフサス セキュリティソリューション」における位置づけ

当社は、お客様ニーズ、PCI DSS(注3)などのセキュリティ基準に基づき、各種セキュリティ対策製品・サービスを、「セキュリティMAP」として独自に体系化しています。今回のNGFW/UTMを、入口対策を包括する製品として位置づけ、運用サービスもあわせて提供します。

  • 富士通エフサスのセキュリティMAP

運用サービスについて

「FUJITSU Security Solution 次世代ファイアーウォール運用サービス」に、ウォッチガードのNGFW/UTMの運用サービスを新たに加えます。これにより、ウイルス感染端末や不正利用端末からの外部アクセスをアプリケーションレベルで検知・遮断し、不正利用端末からの不正な外部アクセスやウイルス拡散を防止するとともに、NGFWを最新・最適な状態で運用します。また、ウォッチガードのシステム管理ツール 「WSM (WatchGuard System Manager)」、およびセキュリティ可視化ツール「WatchGuard Dimension」をセキュリティ運用管理のプラットフォームとして構築し、ログ集積やインシデント分析などの運用サービスを提供します。

「次世代ファイアーウォール運用サービス」のメニュー

  1. 基本サービス(機器の稼働監視、運用に関するQ&A、統計レポート発行など)
  2. 脅威監視・通報オプション
  3. ログ分析レポートオプション(技術員による考察レポート)
  4. リモート運用支援(シグネチャの調整、ポリシー設定変更)

次世代ファイアーウォール運用サービス 販売価格

月額 8万円から (NGFW/UTM 製品1台につき)

  • 運用サービスのみ。機器・導入費用は別途

販売目標

今後3年間で、累計5億円(導入/運用、付帯サービス含む)

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

  • 注1:
    NGFW
    Next Generation Firewall。アプリケーションレベルでの識別・制御が可能なファイアーウォール。
  • 注2:
    UTM
    Unified Threat Management。統合脅威管理の意で、ファイアーウォールやアンチウイルスなど複数のセキュリティ機能を搭載し管理できる機器の総称。
  • 注3:
    PCI DSS
    Payment Card Industry Data Security Standard。加盟店やサービスプロバイダーにおいて、クレジットカード会員データを安全に取り扱うことを目的として策定されたクレジットカード業界のセキュリティ基準。

関連リンク

以上

本件に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。