PRESS RELEASE

2014年10月27日
株式会社富士通エフサス

ハイブリッドクラウドに対応したID管理、シングルサインオンサービスを販売開始
オンプレミス、複数クラウドシステム間のID管理、認証を統合的に実現

当社は、このほどオンプレミス、複数クラウドシステム間におけるID管理、およびシングルサインオン(注1)を実現する「FUJITSU Application Development and Integration ID管理/統合認証サービス」を販売開始いたします。

近年、従来型のオンプレミスシステムに加え、複数のクラウドシステムを利用するハイブリッドクラウド環境が一般化しつつあり、それに伴いID管理の複雑化が増しています。情報システム部門が対策を行わないと、利用者側ではシステム毎に複数のID/パスワードが必要となり、ID/パスワードの使いまわしなどのセキュリティリスクが増大するとともに、ID/パスワード忘却、システム毎のログインやパスワード更新などにより使い勝手も低下します。またシステム管理者側では、手動でのIDメンテナンス作業やパスワードリセットなどのサポート業務が発生し、運用管理コスト増につながります。

本サービスは、ハイブリッドクラウド環境下におけるオンプレミスとクラウド間での複数のID同期や、初回ログインのみでの全システムの利用を可能とするもので、既存環境の調査・分析からお客様にとって最適な環境の企画・設計、構築までサポートし、今後は運用サービスも提供する予定です。

なお、本サービスは、富士通グループが提供するクラウド環境に加え、マイクロソフト、Google、Amazonなどのクラウドサービスにも対応しています。

近年、クラウド型システムの普及により、従来型のオンプレミスシステムに加え、複数のクラウドシステムを利用するハイブリッドクラウド環境が一般化しつつあり、それに伴いID管理の複雑化が増しています。情報システム部門が対策を行わないと、利用者側ではシステム毎に複数のID/パスワードが必要となり、ID/パスワードの使いまわしなどセキュリティリスクが増大するとともに、ID/パスワード忘却、システム毎のログイン、定期的なパスワード更新発生などにより、使い勝手も低下します。またシステム管理者側では、手動でのIDメンテナンス作業、パスワードリセットなどのヘルプデスク業務が発生し、運用管理コスト増につながります。一方、現状では、個別のシングルサインオンシステム開発は、時間や工数もかかり、現実的とはいえません。

上記の課題を解決するため、当社は、このほど「ID管理/統合認証サービス」を販売開始いたします。

本サービスは、ハイブリッドクラウド環境下において、オンプレミスとクラウド間で利用する複数のID同期や、初回ログインのみでの全システムの利用を可能とするもので、既存環境の調査・分析からお客様にとって最適な環境の企画・設計、構築までサポートし、今後は運用サービスも提供する予定です。

本サービスは、システム管理者、利用者にとって、それぞれ以下のメリットをもたらします。

◆ システム管理者

セキュリティ強化

  • ID管理に起因するセキュリティリスクの軽減
  • 統合認証基盤構築により、外部システムからのID情報漏えいを抑止
  • 退職者のID削除漏れなどによる不正アクセスリスクの軽減

運用コスト削減

  • 組織変更時に負荷が集中しがちな手動でのIDメンテナンス作業からの解放
  • 利用者への個別対応などヘルプデスク業務の軽減

◆ 利用者

負荷軽減

  • ID/パスワード忘却による業務中断の抑止
  • システム毎のログインによる業務効率低下を回避
  • システム毎の定期的なパスワード更新の手間を抑止

本サービスの概要

本サービスは、既存システムの調査・分析から、お客様にとって最適なID管理・認証方式のご提案、ID管理基盤、統合認証基盤の導入をサポートするものです。

  • 本サービスの概要

本サービスの適用対象(クラウドサービス)

本サービスは、オンプレミスシステムのほか、以下のクラウドサービスに対応しています。

  • FUJITSU Cloud IaaS Trusted Public S5 (富士通株式会社)
  • FUJITSU Cloud A5 for Microsoft Azure (富士通株式会社)
  • ニフティクラウド(ニフティ株式会社)
  • Office 365(日本マイクロソフト株式会社)
  • Google Apps(Google Inc.)[提供予定時期:2015年度1Q]
  • Amazon Web Service(Amazon Web Services, Inc.) [提供予定時期:2015年度1Q]

本サービスのメニュー

フェーズ サービス名称 サービス内容
コンサルティング ID同期・認証コンサルティングサービス
  • 既存ID運用の調査・分析
  • クラウドシステムや既存システムの認証方式の調査・分析
  • 課題の深堀と対応策の検討
  • お客様に最適なID同期/認証ソリューションの提案
システム設計・構築/運用設計 ID同期環境構築サービス

設計・構築

  • 人事システムや業務システムとのID同期詳細設計/構築
  • クラウド環境とのID同期システム詳細設計/構築

運用設計 ※

  • ID同期運用設計
  • 定常監視、定期棚卸設計
  • 障害時復旧手順設計
統合認証環境構築サービス

設計・構築

  • ADFS対応アプリケーション認証連携システム詳細設計/構築
  • フェデレーション非対応アプリケーション認証連携システム詳細設計/構築
  • クラウドシステムとの認証連携システム詳細設計/構築

運用設計 ※

  • 認証成功/失敗監査設計
  • 証明書運用設計
  • 障害時復旧手順設計
  • 原則、設計・構築とあわせて提供(設計・構築のみの提供は可能)

販売価格

全て個別見積となります。

販売目標

今後3年間で48億円

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

  • 注1 :
    シングルサインオン
    一回の利用者認証で、連携する複数のシステムを利用できるようにすること

関連リンク

以上

本件に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。