PRESS RELEASE

2014年6月10日
株式会社富士通エフサス

「日立プラットフォームテクニカルアワード2014 特別賞」を受賞統合システム運用管理「JP1」認定技術者の積極的な育成などを評価

当社は、このほど株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼COO:東原 敏昭、以下、日立製作所)より、富士通グループ初となるJP1販売パートナーへの登録とJP1認定技術者の積極的な育成を評価され、「日立プラットフォームテクニカルアワード2014 特別賞」を受賞しました。

当社は、運用管理ソフトウェアとしては、主に市場で高いシェアを誇る富士通の「Systemwalker」と、日立製作所の「JP1」をお客様のご要望に応じて提供し、企画・設計から導入、運用・保守までライフサイクル全般をワンストップでサポートしており、今後も様々な運用管理ソフトウェアへ対応していく予定です。

今回の受賞を受けて、ICTシステム運用業務の効率化に向けた幅広いニーズへの対応を加速し、お客様ビジネスへさらなる貢献を果たしてまいる所存です。

当社は、ICTをコアとした「トータルサービス」の提供を推進しており、その一環として、多様化するお客様のご要望にお応えするため、マルチベンダー対応を推進しています。

そうした取り組みのひとつとして、運用管理ソフトウェアの分野でも、富士通の「Systemwalker」に加え、様々なマルチベンダー製品をご提供しています。特に、同分野において利用ユーザーが多い日立製作所の「JP1」に対しては、下記の通りサービス体制の強化を進めてまいりました。

  • 2012年8月:JP1テクニカルパートナー認定取得
  • 2013年5月:JP1販売パートナー認定取得
  • 2014年3月:JP1認定技術者を156名育成

今回の受賞は、当社のこれらの取り組みを日立製作所より高く評価いただいたものです。

受賞について

  • 受賞内容
    日立プラットフォームテクニカルアワード2014 特別賞
    (特別賞とは、技術者育成、製品技術革新などに、著しい功績を達成したパートナーへ贈られる賞)
  • 受賞理由
    JP1販売パートナーへの登録とJP1認定技術者の積極的な育成によるミドル事業拡大への貢献

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

以上

本件に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。