PRESS RELEASE

2011年1月1日
株式会社富士通エフサス

新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
年頭にあたりご挨拶を申し上げます。

代表取締役社長 関根  英雄

2010年は、仮想化・クラウド化の進展とともに、お客様のITシステムの運用が少しずつ変化し始めた年でした。こうした中で当社はお客様ニーズに対応した技術者の育成に力を注ぐとともに、富士通のインフラサービス部門との組織統合や、地域部門の再編など、お客様により高いサービスを行なうための基盤を整備してまいりました。

また昨年は環境(エコ)に対する意識が高まった年でもありました。当社に於いても環境に対する重要性をしっかりと認識し、社内の取り組みのみならず、ICTでお客様の環境に貢献するサービスにも取り組み始めました。

2011年は、昨年から続く仮想化・クラウド化がより進展するものと捉えています。新しい技術に対応した運用やメンテナンスで、お客様のITシステムをこれまで同様、継続的に支えるとともに、当社の新しいサービス体系である「データセンタイノベーション」、「ワークスタイルイノベーション」でお客様のニーズにきめ細かく応えてまいります。

また、環境については社会の一員たる当社の役割をしっかりと認識し、「ICTによる環境対策」を十分に担っていきたいと思います。

私たちは、私たちのミッション(社会的役割)である、「卓越した技術力を基盤に、お客様とともに安心できるITインフラ環境の追求と、未来につながる価値の創造を通じて、豊かな社会の発展に貢献してまいりたい」と考えております。

お客様の企業価値を高めるために、「安心力」「創造力」をキーワードにしてワンストップソリューションを加速し、ITインフラ・サービスのリーディングカンパニーを目指して、お客様とともに「もっといい明日」を実現していく所存です。

本年も宜しくお願い申し上げます。

2011年元旦
株式会社富士通エフサス
代表取締役社長 関根 英雄

本件に 関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。