GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

金型、精密切削加工 部門紹介

金型部門

60年以上の歴史を有する金型部門の豊富な経験と技術は、お客様の金型づくり設計から製造までトータルかつ強力にサポートします。自動車業界やエレクトロニクス分野など、様々な分野で品質の向上とトータルコストの削減に役立っています。

特長

高品質で長寿命な金型により、効率的な量産体制とトータルコスト削減を実現します。

  • 自動車業界での豊富な実績。
  • 60年に渡る実績に裏打ちされた豊富な経験。
  • お客様金型仕様に準拠した金型の制作。
  • 長寿命な金型により、金型メンテナンスコストを削減。
  • 取り扱いのし易さを考慮した設計。
  • 高精度で無理・無駄のない金型を実現。
  • 製造・量産を意識した部品加工提案。
  • トライ・熟成までの徹底した品質確認。
  • スペア部品等の良好な互換性。

充実のサポートと柔軟な対応でお客様のビジネスにお役に立ちます。

  • すべての部品のCAD/CAM化を実現。
  • 海外展開時や寿命による同一金型の再製作が可能。
  • 万一の場合の同一部品調達が可能。
  • 量産中の不具合発生時にも迅速に対応。

精密部品加工部門

精密部品加工部門では、各種素材に対する深い知識と加工ノウハウを活かし、主に半導体、医療などの分野に、高精度かつ高信頼の部品を提供し続けています。

特長

独自の切削技術を構築し、ミクロン単位の精度でお客様のご要求にお応えします。

  • アルミニウム・マグネシウム・チタン・SUS等の各種金属、及び超電導絶縁材(FRP)等の精密三次元加工が可能。
  • 加工方法、工程設計、切削工具の設計等、独自のノウハウにより高精度・高能率な形状加工が可能。

様々な超難削加工、超高精度加工、非金属加工の実績があります。

現代の名工

加工のスペシャリスト

当社システム製造本部の五十嵐清英、当社マイスター(注1)が、レントゲン用部品で、真直度0.05以内、面粗さ1.6Sという他の追随を許さない高精度加工の実用化に成功したことが評価され、2004年11月に、厚生労働大臣より「現代の名工(注2)」に認定されました。


システム製造本部 五十嵐清英
Kiyoei Ikarashi
(現代の名工、黄綬褒章、高度熟練技能者、特級技能士)

検査のスペシャリスト

当社システム製造本部の川﨑勝司、当社マイスター(注1)が、レントゲンフィルム用ガイド、半導体チップ実装用ワイヤーボンディング用ホーン(注3)などの精密金属製品の検査において、金属表面のミクロン単位の傷やゆがみを識別し、高品質な製品の安定供給を可能とした高度な検査技術が評価され、2010年11月に、厚生労働大臣より「現代の名工(注2)」に認定されました。


システム製造本部 川﨑勝司
Katsuji Kawasaki
(現代の名工、特級機械検査技能士)

Photo: Kinzo TAKABA

(注1)当社が2005年3月に新設したマイスター制度(卓越した技能を有し、後進の指導・育成に力を注いでいる社員を認定し処遇する制度)による呼称。
(注2)全国の伝統工芸や工業製品の加工分野で国内最高水準の技能を有し、現在も現役で活躍している方を対象として厚生労働大臣によって授与される表彰。技能者にとって最高の名誉。
(注3)PT基板に半導体チップを取り付けるための半導体製造装置の一部で、基板とチップを結ぶ金線を溶着するための装置部品であり、装置の性能を左右する最重要部品のひとつ。

お問い合わせ

こんな金型や部品がつくりたい。色々な提案をしてほしい。今困っていることを相談したい。参考に見積もりをとってみたい。

お客様のさまざまなご質問、ご相談をお受けしております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

電話番号 0256-93-3163

受付時間:平日9時~12時、13時~17時
(土曜、日曜、祝日、年末年始、当社指定休日は除く)

Webからのお問い合わせ

当社へのお問い合わせ

本件に関するご質問やご相談、資料請求などをお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。