FUJITSU RFID・センサーソリューション RFIDプラットフォーム 特長・機能

①RFID業務標準アプリ+②RFID制御ソフトウェア

個別システムの開発量を軽減

業務標準アプリケーションと制御ソフトウェアによるシステム構築の構造図
  • 端末システムに必要となる業務標準アプリケーション(登録/入荷/出荷/棚卸)と、制御ソフトウェアにより、短期間でのシステム構築が可能です。
  • RFIDのデータ処理、エラー制御、接続機器管理の機能を制御ソフトウェアとして提供します。
  • RFIDの技術や知識は不要です。バーコードと同様の処理でアプリケーション開発が可能です。

RFID制御ソフトウェアの主な機能

  • リーダライタ機器制御
    リーダライタのリード/ライト、電波強度、チャネル・ホッピング設定
  • IDフィルタリング
    事前登録した特定IDのみを読む制御
  • データ格納(クラウド上のサーバ通信)
    HTTP(S)プロトコルで、RFIDデータをクラウド上のサーバリポジトリに格納
  • 2度読み防止
    同一IDの複数スキャンを防止
  • IDエンコード、変換
    IDのエンコード、データ変換(16→10進数等)

③RFIDデータ管理(クラウド)

インフラ構築の初期投資を低減

クラウドサービスによるRFIDデータ管理の構造図
  • RFIDデータを管理するセンターシステムをクラウドサービスとして提供することにより、お客様のインフラ整備にかかる初期投資を低減します。実証実験や試行運用での利用が可能です。
  • RFID読み取りデータをクラウド上の専用データベースに格納し、WEBブラウザによるデータ照会、CSVダウンロードなどの機能を提供します。
  • お客様の基幹システム、業務システムとのデータ連携機能を提供します。

RFIDデータ管理(クラウド)の主な機能

  • 利用者管理
    利用者ID、パスワード管理
  • データ出力(CSVデータ出力)
    RFIDデータをCSV出力
  • データ照会(入荷/出荷/棚卸等)
    ビジネスステップ(入荷/出荷/棚卸等)のRFID読取データの実績照会
  • マスタアップ/ダウンロード
    マスタデータをサーバにアップ/ダウンロード

検索/一覧画面検索/一覧画面

詳細画面詳細画面

(注)クラウド環境はFUJITSU Cloud IaaS Trusted Public S5を利用しています。

④アプリケーション開発キット

個別システム開発を支援

個別システム開発を短期間で可能にするアプリケーション開発キットの構造図
  • 個別システムを開発する場合に、短期間で自由にアプリケーション開発が可能です。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

電話番号 042-377-0445

受付時間:平日9時~12時、13時~17時
(土曜、日曜、祝日、年末年始、当社指定休日は除く)

Webからのお問い合わせ

当社へのお問い合わせ

本製品に関するご質問やご相談、資料請求などをお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ