PatioPrinterの特長

優れた耐環境性

ハンディターミナルと同時に使用されることを想定し、厳しい環境下での使用に耐えられるよう考慮しています。

  • 耐落下1.5m

    落下した場合を想定し、ハンディと同じ厳しい基準をクリア。(注1)

  • 防滴防塵IP54

    雨が降ってきた場合の対策も考慮し、IP54(注2)に対応。

  • 動作温度-5~50℃

    夏場の暑い時期でも正常動作するように、動作環境温度は50℃まで対応。

  • 静電気耐力15kV対応

    静電気対策で通常規格(注3)の約2倍の静電気を防護。

  • 汚れに強いハード塗装

    表面はハードコーティング塗装により、紫外線にもつよく、汚れも簡単に拭き取れます。(注4)


(注1)

1.5mの高さからコンクリート面への落下に対し、26面各1回の落下をさせ、動作に支障ないことを確認。テスト結果であり、全てのケースを保障する訳ではありませんのでご注意ください。
(注2)国際規格「IEC 529 IP54」または「耐環境性能 IP54」。塵埃に対する防護レベル5(埃の侵入から完全に保護されているわけではないが、装置の良好運転を妨げるような埃は侵入しない)と、雨に対する防護レベル4(いかなる方向からの水の飛沫を受けても有害な影響がないもの)を合わせもちます。ただし用紙収納部は開口部からは水がしみこみますので、濡れた場合は速やかにふき取ってください。
(注3)国際規格(IEC 61000-4-2)では直接放電±8kVが平均的な基準です。
(注4)すべてのケースを保障する物ではありませんので、汚れた際には早めにふき取りをお願いします。
  • 印字機能

    ハンディターミナルと連携して、様々な業種でご使用いただけます。

    • 【ジャーナル印字】
      1次元/2次元バーコードの印刷や、レシート上部にお店のロゴなどを白黒2色(ビットマップ)でイメージ印刷することが可能です。

      58mm幅に調整し値引きラベルシールを印刷(注)

    • 【紙は投げ込み式で簡単収納】
      スペーサーを使用することで58mm、70mm幅の印刷にも対応します。収納できる用紙の直径は50mmまでです。

    (注)マーカー検出方式のため、ラベルシールは用紙の背面に黒いマーカーの付いている紙に限られます。

  • 操作パネル

    上からでも、横からでも見える操作しやすい位置に、必要な機能を集約しています。

  • キャリングケース(オプション)

    オプションのキャリングケースを使用する事により、手をふさぐことなく作業ができます。

    ベルト通しは2ヶ所ご用意。お客様の使用形態に合わせてご利用いただけます。

  • ハンディターミナルのオプションとして

    富士通ハンディターミナル標準のオプション製品として、サポート・保守・保証などのアフターケアは、ハンディターミナルと同じ高水準で対応いたします。
    前機種(FHTPR231R)と上位互換を保っており、ハンディターミナル側で開発キットのプリンタライブラリをご使用の場合、アプリケーションを変更する必要はありません。(Bluetoothアドレスの登録のみ必要)

    Windows®、Android™に対応したライブラリをご用意

    PatioPrinterを富士通ハンディターミナル以外の機種からでも印刷できるように「PatioPrinter接続ライブラリ」をご用意しております。
    「PatioPrinter接続ライブラリ」は、業務アプリケーションから直接印刷制御を行うためのライブラリです。


    以下のOSでの動作を確認しております。

    • Android™ 9

    • Windows(R) 10 IoT Enterprise 2019 LTSC

    ※PatioPrinterへの印刷は、専用にプログラムを作成する必要があります。
    ※「PatioPrinter接続ライブラリ」の入手につきましてはお問い合わせください。
    ※動作確認や検証は、導入されるシステムベンダ様で実施してください。

お問い合わせ

本製品の取り扱いは富士通株式会社です。富士通株式会社までお問い合わせください。

ページの先頭へ