GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. 製品ラインナップ >
  8. UNIXサーバ SPARC Enterprise T5440 カタログ・技術資料

UNIXサーバ SPARC Enterprise T5440 カタログ・技術資料

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

ホワイトペーパー

本体製品

タイトル 詳細
SPARC Enterprise T5440 サーバ・アーキテクチャー
マルチスレッドテクノロジを搭載した UltraSPARC T2 Plus プロセッサの威力
SPARC Enterprise T5440は、UltraSPARC T2 Plusプロセッサを最大4CPU搭載し、32コア・256スレッドのマルチスレッド環境と最大512ギガバイトの大容量メモリにより、高いスループットを実現します。本ホワイトペーパーでは、SPARC Enterprise T5440のサーバ・ アーキテクチャや仮想化テクノロジー等について、詳細に説明しています。(2008年10月)
日本語版PDF (1.30 MB ) / PDF英語版PDF (2,011KB)
雑誌FUJITSU 2010-11月号 特集「サーバ」 ヒューマンセントリックな社会の活動を支えるサーバプラットフォームの最新技術と富士通の取組みを紹介します。
詳細情報(「雑誌FUJITSU」特集ページへリンク)

Oracle DB連携

タイトル 詳細
Oracle Database 11g Release 2
富士通 SPARC Enterprise上でのDatabase Smart Flash CacheによるOLTPシステムの性能向上
富士通 SPARC Enterprise M3000とSSDを搭載したETERNUS DX80を組み合わせたOLTPシステムにおいて、Oracle Database 11g Release 2機能であるDatabase Smart Flash Cacheによる性能向上を日本オラクル株式会社との共同検証で実証しています。データベースのHDD I/Oボトルネックの改善を確認しています。
日本語版PDF
富士通SPARC Enterprise Oracle9i DatabaseからOracle Database 11gへの移行
~旧システムとのパフォーマンス比較とOracle Real Application Testingの活用~
最新SPARC EnterpriseとOracle Database 11gを組み合わせたシステムへの移行メリットについて、日本オラクル株式会社との共同検証結果をもとに解説しています。本検証により、性能向上とともに、Oracle Real Application Testingの利用による移行時のリスク低減を確認しています。(2009年7月)
日本語版PDF (2.99 MB )
富士通 ETERNUS / SPARC EnterpriseによるOracle Database ILMソリューション
~ DBデータ長期保存におけるストレージコストと消費電力の削減 ~
Oracle Database 11g、ETERNUS、SPARC Enterpriseの組み合わせによる、データベー スILM(Information Lifecycle Management)ソリューションの共同検証結果について説明しています。本検証により、ストレージコストの最適化と消費電力の削減に有効なソリューションであることが実証されています。
日本語版PDF
富士通SPARC EnterpriseによるOracle Database 11gデータ・ウェアハウス検証
~データ・セグメント圧縮とASMを活用した性能向上~
Oracle Database 11gとSPARC Enterprise M5000を用いた日本オラクル株式会社との共同検証結果について説明しています。特に、Oracle Database 11g の新機能によるデータ・ウェアハウス性能への寄与について解説しています。(2008年6月)
日本語版PDF (1.14 MB )

マニュアル

注記:

  • 製品に関する最新情報は『プロダクトノート』に記載しています。マニュアルを参照する際は、併せて『プロダクトノート』を必ずご確認ください。
  • SPARC Enterprise のプレインストールおよびSolarisのインストールについては、『Oracle Solarisのインストールについて』をご参照ください。