GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. SPARC Enterprise 徹底解説 >
  8. 柔軟性の高いソフトウェアパーティショニング(Oracle Solaris コンテナ)

柔軟性の高いソフトウェアパーティショニング(Oracle Solaris コンテナ)

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。


関連製品:SPARC Enterprise M3000, M4000, M5000, M8000, M9000
SPARC T4-1, T4-2, T4-4


Oracle Solaris コンテナ

「Oracle Solaris」が提供する仮想化技術「Oracle Solaris コンテナ」は、OSを仮想的に分割して、業務に応じて柔軟に利用することができます。Oracle Solaris コンテナを利用したサーバ統合により、サーバを柔軟に、かつ有効活用することが可能です。

Oracle Solaris コンテナは、「Solaris ゾーン」と「Solarisリソースマネージャ」の2つの機能から構成されています。
「Solaris ゾーン」は、1つのOS空間を仮想的に分割して複数のOSが動作しているようにみせる、ソフトウェアパーティショニング機能です。Solaris OS上に最大8,191個の仮想Solaris環境を構築することができます。

また、「Solarisリソースマネージャ」は、仮想Solaris環境においてCPUやメモリなどのハードウェアリソースを柔軟に配分するリソー ス管理機能です。優先度の高い業務に優先的にリソースを配分するなど、リソースの有効活用が可能です。1CPUしか搭載していないサーバでも複数の仮想 Solaris環境を構築することができ、ハードウェアリソースの使用率向上を実現します。

信頼性の高いハードウェアパーティショニングとOracle Solaris コンテナを組み合わせることで、高信頼システムにおける資源の利用効率をさらに向上させ、お客様の投資効果の最大化を実現します。