GTM-MML4VXJ
Skip to main content

UNIXサーバ SPARC Enterprise M5000

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

高いスケーラビリティと信頼性を誇るミッドレンジサーバ

  • マルチコアプロセッサ「SPARC64 VII+」を最大8CPU/32コア搭載
  • バス帯域幅の強化により最大64GB/sの高速データ転送を実現
  • メモリミラー等の高信頼機能により、サーバ単体の可用性を向上
  • パーティショニングやCOD機能による、フレキシブルなサーバ運用
  • Webブラウザから装置の監視・制御が可能

さらに詳しくは「特長・機能」をご覧ください。


特長・機能 | 仕様・諸元 | カタログ・技術資料 | SPARC Enterprise製品比較表 |

本製品に関する資料請求・お見積もり・ご相談はこちらから

主な仕様

形状 ラックマウント(10U)
プロセッサ プロセッサ SPARC64™ VII+
周波数 2.66GHz
プロセッサ数
(コア数、スレッド数)
最大8プロセッサ(最大32コア、最大64スレッド)
メモリ(主記憶) 最大512GB
内蔵ディスク容量 最大2.4TB
PCIスロット PCI Express/PCI-X:合計で最大50スロット注1
オペレーティングシステム Oracle Solaris 10 , Oracle Solaris 11
標準価格 11,630,000円(税別)より
構成:SPARC64 VII+(2.66GHz)×2CPU(8コア)、16GBメモリ、
300GBディスク×2(SAS)

注1:PCIボックス接続時

仕様・諸元 | 本製品のサポート | 消費電力計算ツール | 
周辺装置 | ソフトウェア | パートナー製品 |