GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Server PRIMEQUEST 1000シリーズ Windows Server情報

Windows Server OSを最大限に活用できるPRIMEQUEST

PRIMEQUEST 1000シリーズは、64ビットCPUであるインテル Xeon プロセッサーを最大8CPU/80コア搭載でき、豊富なミドルウェア製品やISV製品を利用できます。これまでのPRIMEQUESTのDNAを継承し、高い処理能力を必要とする大規模データベースやERPシステムを含んだ基幹業務システムに適しています。
また、PRIMEQUEST 1000シリーズはWindows Server 2012 R2に対応し、Windows Server OSを選択されるお客様の期待に十分応えることができます。

 トピックス |  Why FUJITSU |  Why Windows on PRIMEQUEST |  Windowsソリューション |
 仮想化ソフトウェア Hyper-V |  サポート情報 |

トピックス

Windows Server 2012 R2 サポート情報

マイクロソフト社は2013年10月18日に「Microsoft® Windows Server® 2012 R2」を発表しました。
富士通では、PRIMEQUEST上で安全にWindows Server 2012 R2をご利用いただくために、以下のコンテンツでサポート情報をご提供します。

Windows Server 2012 R2 への取り組み

マイクロソフト社は「Microsoft® Windows Server® 2012 R2」を2013年10月18日から提供することを発表しました。
以下のコンテンツで、PRIMEQUEST/PRIMERGYでの各種先行検証を通して得た気づきやノウハウをご紹介します。

Why FUJITSU

マイクロソフトとの協業

マイクロソフトとのアライアンスやパートナーシップを通し、両社の関係を強化し続けています。

マイクロソフト製品への取組み

富士通はマイクロソフト製品の技術習得と研究を重ね、富士通IAサーバ PRIMEQUEST / PCサーバ PRIMERGYとの親和性を高めています。

ミッションクリティカルなシステムを支えるサポート体制

富士通とマイクロソフトによる共同サポートチームをマイクロソフト本社に配置し、ミッションクリティカル分野の問題に迅速に対応しています。

Why Windows on PRIMEQUEST

PRIMEQUESTをWindows Serverの最適なプラットフォームとするための取り組みを紹介します。

Windowsソリューション

基幹系システムを支えるPRIMEQUEST Windowsの適用分野を紹介します。

サーバ統合・集約

大規模データベース

ERPプラットフォーム

仮想化ソフトウェア Hyper-V

Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2 の標準機能として提供されている仮想化ソフトウェア「Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2 Hyper-V」についてご紹介します。

仮想化ソフトウェア Hyper-V

富士通の仮想化への取り組み。システムワイドな仮想化で運用性と可用性を向上 詳細はこちらから。

サポート情報

  • Windows Server 2012 およびWindows Server 2012 R2をサポートします。
  • Windows Server 2008 およびWindows Server 2008 R2をサポートします。
  • Windows Server 2003 およびWindows Server 2003 R2をサポートします。

カタログ・技術資料

  • Windowsガイド
  • Windowsマニュアル
    (注)Microsoftのサイトをご覧ください。

その他のOS・ソフトウェア

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)