GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Server PRIMEQUEST 1000シリーズ サーバ統合・集約による運用管理コストの削減

PRIMEQUESTでは、リソース配分の柔軟性に定評のあるパーティション機能によるサーバ統合・集約に加えて、さらに仮想環境を活用したサーバ集約が可能です。例えば、Webサーバやアプリケーションサーバなどを仮想サーバとして集約し、データベースサーバを物理環境へ統合できます。このような場合は、同じ筐体内に仮想環境と物理環境とを一元管理する運用管理サーバ(ServerView Resource Orchestrator(ROR))を搭載することで運用管理コストを削減できます。

[2013年2月26日掲載]

お客様の課題

  • サーバが散在しており、運用管理コストが増えてきた。
  • 仮想環境と物理環境を一元管理したい。
  • 高集約で複雑となった仮想マシンの保守における作業ミスを防止したい。

システム概要

導入効果

大規模環境に最適なPRIMEQUESTとWindows Server 2012 Hyper-Vであれば、散在している複数サーバを統合・集約できます。また、RORにより、物理環境と仮想環境を一元的に管理できるため、システム管理者は運用管理の煩雑さから解放され、運用管理コストを削減できます。さらに、メモリ増設などのハードウェア保守で分散した仮想マシンを1オペレーションで元の位置に確実に戻すRORのVMホームポジション機能により、高集約なHyper-V環境でもハードウェア保守後の作業ミスを防止できます。

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)