GTM-MML4VXJ
Skip to main content

主要コンポーネント

FUJITSU Server PRIMEQUEST 1000シリーズの構成概念図と各コンポーネントの概説です。
詳細については、ハードウェアマニュアルをご参照ください。

主要コンポーネント

  • システムボード (SB)
    CPUとメモリを搭載するボード
  • I/Oボード (IOB)
    PCIカードを搭載するボード。
    論理的に2分割可能(LIOB)
    ※商品名は、GSPBと一対で「I/Oユニット」
  • Giga-LAN/SAS/PCI-Boxインターフェイスボード (GSPB)
    それぞれのインターフェースを実装したボード。
    論理的に2分割可能(LGSPB)
  • SASハードディスクユニット (SASU)
    内蔵SASディスクを搭載するユニット。
    SAS-RAIDカードを1枚標準搭載
  • QPIネットワーク
    SBとSB、CPUとCPU、CPUとIOH(注1)を繋ぐ信号線
    ※物理的位置はミッドプレーン (MP) / SB上
  • PCI Express (PCIe) スイッチ
    IOB/GSPB上にあり、CPUからのI/O処理命令を各I/Oへ振分けるスイッチ


(注1) IOH(I/O Hub)
CPUからQPI(Quick Path Interconnect:高速システムバス)経由で送られてくるI/O処理を、PCI Expressに変換してIOBに伝えるLSI。

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)